JC監禁容疑者父の防犯グッズ店が休止「日本一信頼できるのに残念」の声

しらべぇ / 2016年4月3日 17時30分

写真

JC監禁容疑者父の防犯グッズ店が休止「日本一信頼できるのに残念」の声

sirabee160403terauchi

(写真はe防犯.comのスクリーンショット)

埼玉県朝霞市の少女を誘拐し、約2年間監禁したとして逮捕された寺内樺風容疑者の父親が経営する防犯グッズ販売店「e防犯.com」の営業を休止した。

現在サイトにアクセスすると代表の謝罪文のみ表示される状態だが、とある防犯意識の高い男性・斉藤さん(仮名)は、営業休止について非常に残念だと語る。

■営業休止が残念な理由とは?

「e防犯.comの代表が寺内容疑者の父だという噂は、休止の前からネット上でやや話題になっていたということは事実です。

しかし、容疑者も学生だったとはいえすでに成人。はたして父親がその責任を負い、店舗を閉める必要はあったのでしょうか?

もし責任があるとしたらe防犯.comのグッズを寺内容疑者が使用し、監禁していた場合ですが...よく考えてみてください。逆にこの店のグッズが非常に信頼できるものだということにもなるのではないですか?

なぜなら2年間JCに暴行もせず、2泊3日の旅行を容疑者がしても監禁できるぐらい使いやすくて、大学生でも常時部屋を監視できる防犯グッズを揃えているお店なのだと、この2年間で実証されたということです。

寺内容疑者がJCをマインドコントロールしていたためと報じられていますが、新興宗教の教祖じゃあるまいし大学生がそんなことできるワケないでしょう? 多少できたとしても、非常に優れた監視や防犯グッズがあったからこそだと思いますよ。

つまり、e防犯.comのグッズを寺内容疑者が使用していたならば、その性能は日本一信頼できると言っても過言ではありません。それを打っているe防犯.comは、日本一信頼できる防犯グッズ屋なのです。

とくに一人暮らしの大学生が使いやすいのであれば、ぜひ全国のお父さんお母さんはe防犯.comのグッズを仕送りに入れてあげるべきです。特に女子学生が犯罪に巻き込まれる可能性は高いので、犯罪防止の観点から見ても絶対いいはずですよ。

僕はJCを監禁したいというよこしまな気持ちは一切ありませんが、寺内容疑者が使っていた防犯グッズ一式はぜひ欲しいと思っています。もしセットで売ってくれたら絶対に買います! もう一度言いますが、僕はJCを監禁したいという気持ちは一切ありません。」

寺内容疑者がこうしたグッズの知識があったかは定かでないが、防犯グッズの必要性をむしろ気づかせてくれた事件といっても過言ではない。

防犯の観点からは、機を見てぜひ販売再開をしてほしいという要望も今後増えてくるのかもしれない。

(取材・文/しらべぇ編集部・雨間ゆうすけ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング