「ネットの知り合い」とリアルで会った人は26.1% 適齢期の30代は出会い厨?

しらべぇ / 2014年12月13日 17時30分

Photo by Yuu Kogetsu https://www.flickr.com/photos/yukogets/2236451087/

「オフ会」と聞くと、あまり好ましくない出会いを想像する方もいるかもしれません。しかし、Twitterや実名登録が原則のFacebookが普及したことによって、1対1で会う、もしくは多数が参加するオフ会に参加するハードルは下がってきているような気もします。

そこで、しらべぇ編集部では、実際に「ネットだけの関係だった人」とリアルで会った経験者の割合を調査してみました。

 Q.ネットで仲良くなった人と実際に会ったことがある?

sirabee_deaichuenngurahu

・はい:26.1%
・いいえ:73.9%

4人に1人が、ネット経由で仲良くなった人と実際に会ったことがあると回答。でも、SNSが普及している割には、経験者が少ない印象を受けませんか? ネット上で親しいとはいえ、顔も身分も知らない人と会うことに対する抵抗はまだまだ大きいと思われます。SNSユーザーが増えていくと、経験者の割合も伸びていくかもしれませんが。

次に、年齢別のデータを見てみましょう。

sirabee_bougurahu3

35.3%と30代が一番高い割合となりました。人生経験の長さと、ネットへの親近感のバランスでしょうか。もしかしたら、男女とも結婚適齢期で、出会いを求めている可能性もあります。

また、50代、60代の人も一定数いるという衝撃的な結果が判明。退職した後の余暇を利用して、趣味に没頭し、ネットで同じ趣味の人達と交流する。そして、実際にその人達と会うといった老後の過ごし方が現れてきている可能性があります。高齢者=電子機器に弱いといった固定観念は崩れ始めています。

「ネット→リアル」で実際に会ったことがある人たちの体験談をご紹介します。

「会ってみてよかった!」

・普段なら自分と接点のない人と交流できて、世界が広がった(30代男性)

・共通の趣味がきっかけで仲良くなった人達とオフ会を開いてから、2年以上交流が続いている(30代女性)

「会わなきゃよかった…」

・Twitterで仲良くなった人達と、お互いの誕生日を祝い合う仲にまでになったことがある。しかし、グループ内での恋愛が原因で関係がこじれてしまった(20代男性)

・ネット上ではとても優しい人だったのに、実際に会って部屋で二人きりになったとたん、襲われそうになった(20代女性)

ネットでの出会いは、趣味の合う人と知り合えるといった良い面がある一方、犯罪に巻き込まれたりといった悪い面があるのは事実。本当に信頼のできる人とだけ、リアルで会うようにしたいですね。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 https://qzoo.jp/public/landing/sirabee/
調査期間:2014年11月14日(金)〜11月16日(火)
対象:全国20代〜60代 男性750人 女性750人 計1500人

(文/しらべぇ編集部・おがりょー http://sirabee.com/author/ogaryo/ )

しらべぇ

トピックスRSS

ランキング