【クリスマスに】同じチキンでもひと味違う! 自宅で「簡単スモーク」はいかが?

しらべぇ / 2014年12月14日 11時30分

Photo by Tatsuo Yamashita https://www.flickr.com/photos/yto/4208015175/in/photolist-fp6foa-dDqRE4-919XtE-aZQ2aF-oXQ6SB-7pRake-k6hjha-94GbFN-ix9kaj-dDwfQC-5CGkz4-7pRa3x-7pV63q-7mDi3s-a31oE6-5J4Nu2-k6gDTD-7BWJiT-ejxg9n-7pRbiM-5PuK5E-5KDrwn-iaLq1b-5Fi17t-dCVucU-5LoUKW-ijkB8E-aZZJnz-5MmCet-dCfdbc-5Mc27d-5LzX8V-7q254b-5GyoiG-iqkXsZ-7pV4gW-7pV4L9-7pV4ZY-7pV6iS-7pR9dP-7pV5ML-cKnXCU-5LDfru-5p9EHx-7o5xWY-94oFSe-94rLPq-94rM21-dDDbmn-dDDuAk

街もイルミネーションに煌めいて、もうすぐクリスマスですね。 素敵なレストランに行く予定の方もいるはずですが、前後の休日にホームパーティをされる方も多いのではないでしょうか。 クリスマスといえば、チキン。でも今年は、いつもとちょっと違ったメニューを用意してみてはいかがでしょう?

そこで今回は、自宅で作れるスモークチキン(燻製チキン)のレシピを紹介します。

■用意するもの

・鶏肉(今回は鳥モモ肉)
・ソミュール液(水、塩、三温糖)
・醤油・みりん
・にんにく、ブラックペッパー、お好みのスパイス(今回はローリエを使用)
・燻製器、スモークウッド、カセットコンロ、(バーナーはあると便利)

■作り方

まず、下ごしらえに肉を塩漬けをするのですが、漬け込み用の「ソミュール液」を作ります。 作り方は簡単。水1リットルに、塩300g、三温糖100gを火に掛けて煮立て、冷まして完成です。

しらべぇ1215チキン

液が冷めたら鶏肉を漬け込みます。燻製で風味が付きますので、安いお肉でも十分です。今回は「プロ御用達」でおなじみ黄色い看板のお店で1kg千円程で購入しました。

しらべぇ1215チキン2

ソミュール液・醤油・みりん(4:1:1)・にんにくスライス・ブラックペッパーを、ジップ付き保存用袋に鶏肉と共に入れ、2日間塩漬けします。

しらべぇ1215チキン3

漬け込みが終わったら、1時間ほど塩抜きをします。ボールに水をはって、肉を入れるのですが、なるべく流水で塩抜きした方がよいでしょう。

しらべぇ1215チキン4

塩抜きが終わったら、70~75度のお湯で1時間ボイル。

しらべぇチキン5

次に、鶏肉を乾燥させます。キッチンペーパーなどで水分を取り、アミやザルの上に置いて風通しの良い所で2時間ほど乾燥させます。

しらべぇ1215チキン6

ここまで来たら次はいよいよ燻製です。 筆者宅は小さな庭があるので燻製器はBBQでも使える簡易燻製器を購入しましたが(ホームセンターなどで売っています)、段ボールや一斗缶でも手作りできますし、マンションで使用できる密閉される燻製鍋もあり、いろいろ選べます。

しらべぇ1215チキン7

スモークウッドは、今回「さくら」を使いました。

しらべぇ1215チキン8

70~75度の温燻で2時間程燻製します。ついでに、プロセスチーズとソーセージなども燻製器に入れてみるといいでしょう。

しらべぇ1215チキン9

2時間後はこんな感じ。食欲をそそる色になります。

しらべぇ1215チキン10

そのまま食べても良いですが、オリーブオイルを塗り、オーブンで軽く焼いてから食べると、ビールやワインが進みます!

しらべぇ1215チキン11

ご紹介した作り方はほんの一例。色々なサイトで作り方やレシピが公開されているので、今年はちょっと変わったメニューでパーティを楽しんでみてはいかがでしょうか。

(文・写真/しらべぇ編集部・太田山 里英 http://img.sirabee.com/author/rie_otayama/ )

しらべぇ

トピックスRSS

ランキング