電車で大泣きする人には3つの特徴が…巻き込まれた被害者も

しらべぇ / 2016年4月20日 8時0分

写真

電車で大泣きする人には3つの特徴が…巻き込まれた被害者も

泣く

champja/iStock/Thinkstock

電車の中で、突然泣き出した人を見たことがないだろうか。どういった事情があるかはわからないが、本人にとってよほど辛く、我慢できないことがあったのだろうと思われる。

しらべぇ編集部では、全国の20代〜60代の男女1340名を対象に「電車で大泣きしたことがあるか」調査してみた。

■若い女性は情緒不安定...?

男女別に調べてみると、わずかながら女性に経験者が多いと判明。年代別で見ると、とくに20・30代女性では1割を超えていたのだ。

泣く思わず泣いてしまったことがある女性に理由を聞いてみると...

「理由はわからないのですが、深酒をしてからの帰宅の電車で泣いていたらしいです。付き添いの友達にも迷惑をかけてしまい...恥ずかしさでいっぱいでした」(20代女性)

 「生理中で情緒不安定だったのと、仕事のストレスとが爆発して、電車の中で泣いたことがあります。打たれ弱くはないタイプですが、自分でもなぜ泣いてしまったのかと」(30代女性)

■失恋を嘆く女性...50代サラリーマンが巻き添えに

また編集部では、電車の中で泣きわめいた女性に遭遇したことがあるという50代のサラリーマンに、そのときの状況を聞くことができた。

「電車の中で、いきなり泣き出した若い女性がいたんです。しゃがみこんで具合も悪そうにしていたので、『大丈夫ですか?』と声をかけたんですが、『好きな人に公衆の面前でフラレちゃって〜』と大泣き。周りは失笑ですよ。

悪いのを引いてしまったな...と思ったんですが、その20代後半の女性が『おじさん、いくつ?』『やさしいですね...』『奥さんはいるんですか?』と、これまた大声で泣きながら迫ってきたんですよね。フラレて誰でもよくなっちゃったみたい。

言われてる僕も、周りから同情の目で見られて...最悪でした。泣いている人を見ても、親切心で変に関わらないほうがいいなと学びましたね」

中には、こうした厄介な人もいるようだ。

■電車で泣く可能性のある3つのタイプの人

あくまで傾向であるが、調査の結果、とくに電車で泣いてしまう可能性の高い人が明らかとなった。

泣くある面で成功をおさめている人たちは、何かをいろいろと背負いすぎていることもあるのだろうか。それぞれの項目で、3倍近くの差がついたのだ。

とくに女性はホルモンバランスの関係もあり、自分の意志に反して気分の浮き沈みが激しいときがある。いつ精神的に崩れてしまうか、予測ができないことも...。電車だけに限らず、さまざまなシチュエーションでも起こりうるのである。

あとで振り返りると「泣いたことに泣きたい」と思う女性もいるので、男性も理解してあげてほしい。

(取材・文/しらべぇ編集部・chan-rie)

qzoo【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 
調査期間:2016年1月22日~2016年1月25日
対象:全国20代~60代の男女1340名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング