【黒田勇樹の妄想的語源しらべぇ】「女たらし」は何をたらしているのか?

しらべぇ / 2014年12月18日 18時0分

しらべぇ読者の皆様、こんにちは。こう見えて意外とモテる俳優/ハイパーメディアフリーター・黒田勇樹です。

このコラムでは、子供の頃から芸能の世界で台本や台詞に触れ続け、今なお脚本家やライターとして「言葉」と向かい合っている筆者の視点から、様々な「言葉の成り立ち」について好き勝手に調べ、妄想をふくらませていこうと思います。

コールセンターで働いていた時、同僚をナンパしたり、上司に取り入ったりする筆者の姿を見た主婦に「黒田くんは、女たらしを超えた“人たらし”だね」と言われたことがあるのですが、ふと気になりました。

「何がたれているんだろう」

Drip Lips

PHOTO by dollen https://www.flickr.com/photos/dollen/95337619

「たれる」という言葉自体は、液体であったり、植物が頭を下げている姿であったり、とにかく何かが「下へ向かう様」を、あらわしている言葉のようですが、筆者が女性を“たらし”ている時に、何かが下へ向かっている、という現象は確認できませんでした。

「火消し」は火を消す職業の人をあらわし、「酒好き」は酒が好きな人をさします。

この法則から言えば、「女たらし」は、女をたらしていないといけないのですが、視認する限り「たらされている」という状況におかれた女性たちは、なにも「たらして」いません。

筆者が何かをたらしているのでしょうか?女性が何かをたらしているのでしょうか? この不思議を検証するために、「言い換え」をしたところ、少しヒントが見えてきました。

「女たらし」が“たらし”ている状況を言い換えると、「女性を、オトす」。やはり、女性のなにかが下へ向かっているのです!

■軍門に下る。

その他に、「物理的に下へ向かっていない」のに「たれ」たり、「落ち」たり、「下がっ」たりしている言葉を探してみたところ「軍門に下る」や「落城する」など、戦場において、支配される状況を指す言葉が多く見つかりました。

女たらしは、女性を支配しているのでしょうか? あくまでも楽しい時間を提供して、一緒にいたいと願っているだけなのですが、周りからすれば、女性が支配されているように見えているのかもしれません。

だからこそ、「女たらし」は自称ではなく、他称として使われることが多いのでしょう。

■何が“たれ”たんだ!?

そうなってくると今度は、「支配されている人は、何をたらしているのか」が気になってきます。

語源が「支配する」という意味だったとして、支配されることを「たれる」と呼ぶのであれば、最初にたれたと言われた人は支配された時に絶対になにかをたれていたはずなんです!

…ついてこれていますか…?

筆者にはひとつだけ「これだろうな」と思っている「たれている」ものがあるのですが、完全にシモネタなので、明記は控えさせて頂きます。

皆様も是非、考えてみては如何でしょうか?

(文/ハイパーメディアフリーター・黒田勇樹 http://sirabee.com/author/yuuki_kuroda/ )

しらべぇ

トピックスRSS

ランキング