【一度は飲みたい!】東京で飲める本場沖縄ゴーヤカクテルの味が想像を超えていた!

しらべぇ / 2014年12月22日 9時0分

ゴーヤチャンプルーに海ぶどう、ミミガーなど、今やすっかり身近なものになった沖縄料理。その地ならではの食材を使っていたり、独自の調理法があったりと、沖縄が生み出す独特の食文化はいつでも食べる人に驚きと新鮮さを与えてくれます。

今回は、そんな沖縄料理をもっと楽しめる“通な一品”をご紹介します。

あの苦みはどうなるのか?!【ゴーヤカクテル】

沖縄で有名なゴーヤと泡盛をあわせたカクテルです。まさに“イロモノ”という感じですが…飲んでみてびっくり!これが意外とイケるんです。

ゴーヤといえば、どうしてもあの特徴的な“苦み”を覚悟してしまうものですが、苦みはそれほど強くありません。むしろ、ほのかな苦みが泡盛の甘さとふくよかさをいっそう引き立てて、絶妙にマッチするのです。泡盛の独特な後味(口の中でもわっと広がる匂い)が苦手な方もいらっしゃるかもしれませんが、ゴーヤカクテルはゴーヤの効果か、すっきりとした後味で泡盛の後味も気になりません。

こちらはラフテー(沖縄風角煮)や豚肉の油みそなど、こってりした沖縄料理と合わせてせて飲むのがオススメです。

えっ?!この“黒こげのトンカツ”が宮廷料理?【ミヌダル】

しらべぇ1220沖縄2

一見“黒こげのトンカツ”のように見えるこちらの料理は「ミヌダル」といいます。見た目のインパクトとは裏腹に、由緒正しい宮廷料理です。黒いのはごまペーストで、これを豚肉に塗って蒸してあります。

肝心のお味はというと…ほんのり甘くてコクのあるごまペーストと豚肉の甘みがマッチしています。さらに、蒸してあるので豚肉の余分な脂がほどよく落ちており、宮廷料理らしいさっぱりとした上品な味に仕上がっていました。女性の方や、「揚げ物や味の濃いものはちょっと…」という年配の男性にもオススメの一品です。

今回ご紹介した料理は、なんと沖縄に行かなくても都内で楽しめます。ぜひ、ちょっと珍しい沖縄料理を食べて、奥深い沖縄の食文化を感じてみてくださいね。

(文/しらべぇ編集部・河津愛美 http://sirabee.com/author/manami_kawazu/ )

●東京うりずん http://www.urizn.gr.jp/urizntokyo
東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング
営業時間:11:00〜14:30、17:00〜4:00(月〜土)
11:00〜15:00、17:00〜23:00(日)

しらべぇ

トピックスRSS

ランキング