【映画も公開】 ムーミン谷の妖精たちってじつは意外と「複雑な関係」!?

しらべぇ / 2014年12月28日 13時0分

Photo by Elaine Ashton https://www.flickr.com/photos/hfb/29230181

みなさん、「ムーミン」の長編映画が2月に日本で公開されることを知っていますか?最近雑貨屋さんなど、様々なところでムーミングッズをよく見かけます。

人気急上昇中の一方、「ムーミン」のことは知っていても、その内容まで詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか?

ということで、今回はムーミンの物語の基本的な「設定」や「登場人物」についてご紹介したいと思います。映画を観る前に、ムーミンの世界について予習しておきましょう。

■2014年は作者の生誕100周年!

作者はトーベ・ヤンソン。1914年フィンランド生まれ。ムーミンシリーズ第1作目となる『小さなトロールと大きな洪水』が1945年に出版されました。もともとは小説だったようです。

その後、続々とシリーズが出版され、ムーミンシリーズ初の絵本が1952年に、またその2年後にはコミック漫画が出版されました。日本ではフジテレビ系列でアニメ放送もされたため、ご存じの人も多いはずです。これが、日本でのムーミン人気の火付け役でした。

1992年には、フィンランドにテーマパーク「ムーミンワールド」がオープン!現在では多くのムーミングッズが生み出されています。今年はトーベ・ヤンソン生誕100周年を記念して、世界中でスペシャルイベントが開催されているようです。映画もそのうちのひとつですね。

■ムーミン谷に住む妖精たち

ムーミンの舞台は、美しい川が流れ、おさびし山と呼ばれる山々がある「ムーミン谷」というところ。フィンランドのどこかにあるとされています。そんなムーミン谷に住む、愉快な妖精たちを紹介します。筆者にとっては意外な事実が満載でした!

【ムーミン】sirabee_moomin

Photo by Anssi Koskinen https://www.flickr.com/photos/ansik/2457788436 on Flickr

本名はムーミントロール。好奇心旺盛で人当たりの良い男の子。彼にとって世界は楽しくて不思議なことでいっぱい!ムーミン屋敷に、ムーミンパパとムーミンママと一緒に住んでいます。スノークのおじょうさんというガールフレンドもいます。

丸い体としっぽの先の房が特徴。大きな目と小さな耳はムーミン族の特徴です。

【スナフキン】
sirabee_sunahukin

Photo by kazuh https://www.flickr.com/photos/kazuh/267803671 on Flickr

ムーミンの親友。哲学思考を好む放浪者。ハーモニカを吹いては釣りをして、世界中を旅しています。ムーミン谷の住人の憧れ的存在で、ムーミン谷の住人が冬眠に入るころ、南へと向かいます。そしてまた春に、ムーミン谷へ戻って来ます。実はなんと、リトルミイとは異父姉弟!

【リトルミイ】
sirabee_onnnanoko

Photo by Maria Morri https://www.flickr.com/photos/idhren/4208618386 on Frickr

怒りっぽく、口は荒っぽいのですが、前向きで、親切なところもある女の子です。何でもないような事にも、簡単に苛立ってしまいますが、悪意は決してありません。ムーミン屋敷にムーミンたちと一緒に住んでいます。リトルミイは真夏の夜に生まれ、ある時ムーミン一家の養女になりました。ミムラ姉さんという姉がいます。

【ニョロニョロ】
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大きな群れで永遠にさまよい続ける、物言わぬ生き物。白く顔のないニョロニョロは、耳も聞こえませんし、話す事もしません。目はありますが、あまり見えません。食べる事もしなければ、眠る事もしません。

環境によって色を変えることができ、さらにはカミナリの電気エネルギーを体に蓄える能力も!そのため、カミナリの時に近づくのは大変危険です。

【スティンキー】
sirabee_stinkey

Photo by Wikipedia http://en.wikipedia.org/wiki/Moomin_mugs#mediaviewer/File:Cobalt_Blue_glassware_and_Moomin_cup.jpg

黒くて毛むくじゃらのいたずらっこ。ムーミン谷の住民に、いつも悪さばかりしています。いつもみんなにばれてしまうのに、人を騙しては物を盗んだりすることが楽しくてなりません。趣味は盗み聞き、破壊行為、警官に嘘をつくこと。泥棒として名が知れたことを誇りに思っています。

いかがでしたでしょうか? 筆者はムーミン、スナフキン、ミーの複雑な家庭の事情にとってもビックリ! 今後もキュートで不思議なムーミン谷の妖精たちに目が離せません。

(文/しらべぇ編集部・かずきち http://sirabee.com/author/kazukichi/ )

しらべぇ

トピックスRSS

ランキング