総員第一種「お掃除」配置!今年の汚れは今年のうちに大作戦【出口博之のロック特撮】

しらべぇ / 2014年12月29日 12時0分

こんにちは、白ポロ+眼鏡でおなじみのMONOBRIGHT、ベースの出口です。

読者諸兄姉の皆様、年末恒例の大掃除はお済みでしょうか?

自分が愛してやまないジャンルの物やグッズなどは細かい物も含め、増えていく一方ですので大掃除の度に頭を抱える経験は一度や二度ではないかと思います。そこで今回は、アンケートサイト「マインドソナー https://mind-sonar.com/target/W1fc5807e-9977-46e7-8002-436cc51d354e 」で、モノが多すぎて年末の大掃除がはかどらない事がある人の割合を調べてみました。

Q.モノが多すぎて年末の大掃除がはかどらないことがある?

・ある:58.8%
・ない:41.2%

物が多いという事は、捨てるに捨てられない物が多いという事だと思います。しかし、物が多くても「収まるべき場所に収まれば邪魔にならない」はずなので今回はまさにこの58.8%の一人である私の自宅の特撮(と、それに類する)グッズを断捨離せずに収納しながら大掃除を敢行したレポをお送りします。

■我が家の間取りとグッズの位置関係

私の自宅はよくあるワンルームですが、ほとんどが特撮関連と音楽関連の物に占領されています。

棚は天井まで拡張しているので最早タワーと化しています。生活スペースは確保しているので問題はありませんが「見たい」「聴きたい」「欲しい」と思ったときに手に取れなければ意味がありませんので、整理が必要です。書籍、DVD、CDはそれぞれ大きさが同じなのでひとまとめにしました。

図2

■おもちゃ、フィギュア置き

スペースが無尽蔵にあれば気にならないですが、フィギュア、おもちゃの置き位置にはいつも頭を悩ませます。大掃除の最大の難関です。空いたスペースを徹底的に有効活用します。

変身アイテムの類いは置き場所によっては非常に邪魔になってしまいますが、作品ごとにまとめれば世界観を演出するので気になりません。

写真1

自立できるフィギュアはこの様なケースにまとめます。ケースに入ってしまえばこっちのものです。この雑多な感じは、なんとなく「おばあちゃんの家にある日本人形」的な趣も感じられて、郷愁を誘います。年始はおばあちゃんに会いにいきましょう。

■風水を取り入れてグッズの適材適所をみつけよう

整理も一段落しましたが、ここで終わらずに新年に向けて「げんかつぎ」をします。

風水を取り入れるのですが、気になるのは金運。風水八方位図によると金運は「西からきて北にたまる」のです。簡単にできる金運アップとしては、西に黄色い物を置くと良いとされています。

黄色いものといえば、我が家には快獣ブースカくんが数体いるので、まとめて西に置きます。

写真2

出口家の財布はブースカ君、君たちに任せた!

いかがだったでしょうか?

年末の大掃除の由来は、12月中旬に行われる「煤(すす)払い」とされています。一年で溜まった汚れ(煤や埃)を落として、年神様を迎え入れる準備をする行事です。それが転じて年末の大掃除となっています。

紛失した物や今年の思い出の品が出てくるとついつい掃除の手が止まりがちですが、ゆっくり今年を振り返ったりしながら大掃除をするのも良いのではないでしょうか。

(文/MONOBRIGHT・出口博之 http://sirabee.com/author/deguchi_hiroyuki/ )

しらべぇ

トピックスRSS

ランキング