太るのも納得… お正月、あなたが摂ったカロリーはこれだけあります!

しらべぇ / 2015年1月7日 8時0分

お正月を過ぎると、いわゆる「お正月太り」を克服するダイエット法が方々で紹介されるものですが、その前に、自分がどれだけのカロリーを摂取してしまったのかを再確認してみる必要があります。現実を知れば、絶対にやる気が起きるはずですよ!

■おせちカロリー

お正月の三が日は、家事や水仕事を避けるという目的から料理を長持ちさせなければいけないため、おせちは砂糖や塩分を多く使っているものです。つまり、食材自体はヘルシーでも、味付けが濃く、その分カロリーも高くなりがちということになります。

特に高カロリーなおせち料理は以下。

・「栗きんとん」2粒で約170kcal
・「伊達巻」2切れで100kcal弱
・「黒豆煮」20g(小鉢)で100kcal弱
・「煮物」100gで約80kcal

■おもちのカロリー

おもち1個のカロリーは約120kcalなので、特に高カロリーというわけではありません。ただ、手軽に食べられるため、1食1個で済ませられる人は少ないもの。

磯部焼、あんこやきな粉をからめて……というようにアレンジを増やすことで、食べる量もどんどん増えていき、知らず知らずのうちに相当なカロリーを摂取してしまっているということも多々あります。

■お雑煮のカロリー

通常、お雑煮にはおもちが2個入っているので、汁やその他の具材と併せると、だいたい1杯300kcalになります。おもちを追加すれば、当然ですが摂取カロリーも積み重なります!

■恐ろしい!お正月中トータル摂取カロリー!!

お正月中の食生活を振り返ってみましょう。

まず、朝食ではお雑煮を食べて、おせち料理をつまむのではないでしょうか? これだけで、1食約1000kcalとなります。朝からお酒を飲む人の場合、さらにカロリー摂取量が多くなります。

お昼はお腹が空かないので食べないという人も多いと思いますが、お正月中はスナック菓子やスイーツがなぜか(?)たくさんあるのではないでしょうか。それらをつまんでいると、アッという間に500kcal以上摂取してしまうことになります。

また、「お昼は軽くおもちを!」という人の場合も、だいたい500kcalぐらい摂取することになるでしょう。

夜は、親戚が集まり宴会に。焼き肉やすき焼きと共にビールなどのお酒を延々飲むと、1000kcal以上は軽く摂ることになります。

以上、トータル摂取量を計算すると、たった1日で2500~3000kcalを摂取することに! 通常、1日の摂取カロリーは2000kcal弱。ダイエット中であれば1500kcalぐらいを目安にするわけですから、たった1日でかなりのオーバーということになります。

さらに、この食生活が3~4日間と休み中ずっと続くとなると……。計算するのが恐ろしくなるほど相当なカロリーオーバーとなるので、お正月太りするのも納得というわけです。

今回は、お正月がどれだけ太りやすいリスクがあったかを事後解説するかたちとなりましたが、現実を知ったからには即効で食生活&生活習慣をリセットし、ヘルシーな体重体型を素早く取り戻すことを心掛けましょう!

(文/ダイエットエキスパート・和田清香 http://sirabee.com/author/kiyoka_wada/ )

しらべぇ

トピックスRSS

ランキング