【子育てクイズ】「なぜ勉強しなくちゃいけないの?」と聞かれたら?

しらべぇ / 2015年1月7日 11時30分

口に出すか出さないかは別にして、「なぜ勉強しなくちゃいけないの?」という疑問は誰もが抱いたことがあるでしょう。では、子供に「なぜ勉強しなくちゃいけないの?」と聞かれたら何と答える?

(1)「いい学校に入って、いい会社に入って、幸せに暮らすためだよ」

(2)「自由になるためだよ」

(3)「勉強なんてするんじゃない!」

(4)「生き延びて、大人になるため」

(5)「そんなバカなことを聞くな!」

昔、流行したのは(1)「いい学校に入って、いい会社に入って、幸せに暮らすためだよ」という理屈ではないでしょうか。学歴が絶対的な価値を持ち、終身雇用が前提の世の中でしたから。

しかし今となっては、この理屈に無理があることは自明ですね。いい学校に行けばいい会社に入れるのか?いい会社に入れれば、本当に幸せな人生が待っているのか?そもそも「いい学校」「いい会社」って何だ?てな具合です。はい、(1)は×ですね。

で、(2)から(5)は、全部○です。これ、実は、私が編集と執筆を担当した『子どもはなぜ勉強しなくちゃいけないの?』および『続 子どもはなぜ勉強しなくちゃいけないの?』で、超豪華な識者の皆さんに聞いた答えの一部です。

(2)は生物学者の福岡伸一さんの回答の一部

いわゆるリベラル・アーツというやつですね。勉強することで人間は、「思い込み」「常識」「しきたり」みたいなものから解き放たれ、ありのままの自分でいられるようになる。つまり他者に自分を規定されるのではなく、自律することができるようになるという意味です。

(3)は絵本作家の五味太郎さんの答えの一部

「勉強」じゃなくて「学習」しろということです。五味さんは、「本当に下品だと思うのは、キャンプに行って森に入っていって、例えば昆虫に興味をもってほしいみたいな発想。(中略)そこで興味や関心を示さないと、そういう大人は怒るんだよね。はっきり言ってこれ、幼児わいせつみたいでしょう。『ちょっとおいで。おじちゃんがいいこと教えて上げようか』みたいな」とも言います。痛快ですね。

(4)は内田樹さんの意見の主旨

原始時代に例えれば、生き延びるためには、狩りができるだけじゃなくてみんなで助け合わなければいけません。つまり自分の食料を得るだけでなく、弱い人の分までも狩りができるような人間になるために勉強するのだということです。それなのに、現代社会では後者の目的が忘れられてしまっていると内田さんは警告します。

(5)は養老孟司さんのコメントの一部

「そんなことは人に聞くんじゃなくて自分で考えることだろう」という意味です。そのために勉強しているとも言えます。勉強しないと勉強する意味はいつまでもわからないのです。

養老さんの言うとおり、この問いに「正解」なんてないでしょう。正解のない問いに、子供自身が気付き、その問いを問いとして持ち続けること自体が大切だと私も思います。とってつけたような答えを与えるべきではないでしょう。

大人には正解を求めるクセがある

「正解がない世の中で生きていける子供を育てるためには、どうすることが正解なのでしょうか?」というギャグみたいな質問をされることがよくあります。大人自身が、「正解を求めるクセ」から抜け出せないのですね。

こういう親にアドバイスをするのなら、「正解を求めるクセを捨てましょう」ということになります。「絶対うまくいく!」「1週間で効果がある!」みたいな安直なビジネス本やダイエット本なんかを読むのをやめることから始めたらいかがでしょう。そうすれば子供も、自分の頭で考えられる人になるのではないでしょうか。

 <書籍紹介>

『子どもはなぜ勉強しなくちゃいけないの?』
回答者:荒俣宏さん、内田樹さん、瀬戸内寂聴さん、坂東眞理子さん、福岡伸一さん、藤原和博さん、茂木健一郎さん

『続 子どもはなぜ勉強しなくちゃいけないの?』
回答者:あさのあつこさん、ロザン宇治原さん、五味太郎さん、田中優子さん、土屋賢二さん、平田オリザさん、松本大さんしらべぇ0107子供1

(文/おおたとしまさ http://sirabee.com/author/toshimasa_ota/ )

しらべぇ

トピックスRSS

ランキング