「不倫は認められるべき」と考える人の特徴が判明 だから芸能界でも…

しらべぇ / 2016年12月5日 6時0分

写真

「不倫は認められるべき」と考える人の特徴が判明 だから芸能界でも…

カップル

(leolintang/iStock/Thinkstock)

年末恒例となっている『ユーキャン新語・流行語大賞』。2016年の授賞式が1日に行われ、トップ10には「ゲス不倫」も選出された。

今年、不倫が報道された芸能人・著名人は...

ベッキー&川谷絵音/桂文枝/乙武洋匡氏/三遊亭円楽/宮崎謙介・元衆院議員/石井竜也(米米CLUB)/浦沢直樹(漫画家)/藤田義明(ジュビロ磐田)/中村橋之助/高知東生/ファンキー加藤/とにかく明るい安村

と、枚挙にいとまがない。

■不倫は「悪」なのか?

日本の民法では、夫婦には「貞操義務」が課せられており、不倫は離婚事由になりうる。

または、相手が結婚していることを知って継続的な肉体関係を結んだ場合、「不倫相手」も民法上の不法行為として、損害賠償の対象となる恐れがある。

とはいえ、かつて石田純一の「不倫は文化」の迷言があったように、「不倫はもっと認められていいのでは?」と考える人もいるのだろうか。

しらべぇ編集部は、全国20〜60代の男女1,387名に調査を実施した。

■男性の2割・女性の1割が...

不倫

「不倫は認められていい」と考える人はかなり少数派だが、男性の2割、女性では1割がそう思っていることが判明。

男性のほうが不倫に寛容なのだろうか。

■不倫容認派は年収と連動

興味深いのは、不倫を認める人たちと年収との相関関係だ。

不倫

年収が上がるほど「不倫は認められていい」と考える人が多く、年収1000万円以上の層ではおよそ3人に1人が容認派だ。

世間一般とくらべて年収の高い芸能界が、不倫にまみれているのも納得の結果と言える。

稼ぎのいい夫や妻を持つ人たちは、パートナーの動向に気をつけたほうがいいかもしれない。

・合わせて読みたい→SMAPファン・ネトウヨ・不倫中の人は「キムチ好き」であることが判明

(文/しらべぇ編集部・盛山盛夫)
【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年10月21日~2016年10月24日
対象:全国20代~60代男女1,387名(有効回答数)

しらべぇ

トピックスRSS

ランキング