『あなそれ』波瑠、他人の不倫に「私は興味ない」 ドライなコメントに賛否両論

しらべぇ / 2017年6月20日 5時30分

写真

『あなそれ』波瑠、他人の不倫に「私は興味ない」 ドライなコメントに賛否両論

(画像は公式ブログのスクリーンショット)

W不倫という内容が話題を呼んでいるTBSドラマ『あなたのことはそれほど』。20日の放送で最終回を迎える本作だが、ヒロインである美都を演じる女優・波瑠(26)が19日にブログを更新した。

■最終回前にブログを更新

「お知らせ。」というタイトルで投稿された記事には、『あなそれ』最終回を迎えるにあたって波瑠のコメントが。

「天罰が下る? なんだかんだうまく収まる?」とドラマの内容について視聴者の視点で予想しながらも、「どっちでもいいかな。自分とは関係ない夫婦のことだもの」とバッサリ。

不倫をする人について、「正しいとか間違いとか、そういう軸を持って考えてたら不倫はしないでしょうし」と、やや距離を置く。

そして、「自分が傷つけたわけでもない人に、それは間違いだとか、ひどいとか言われてもですし。本人たちだってああそうですか、間違いなのはまぁわかってますけど。ってぐらいのことでしょう」と綴った。

■他人の不倫には興味ない

それでも波瑠は、「もちろん不倫はいけないと思います」と、あくまで不倫は悪というスタンスに見える。しかし、他人が清く正しく生きているかどうかについては、「私はあんまり興味ないなぁ」という考えのよう。

最後には、「この物語の結末にムカムカしたとか、笑えたとか、どう受け取ってもらってもそれはお任せします」と、読者に委ねて投稿を締めた。

■「どっちでもいい」というスタンスにモヤモヤ?

波瑠といえば、かつて美都を演じたことで一部の視聴者から「こんな役をやるなんてヒドい!」とプチ炎上したことがあった。

もちろん、波瑠にはなんの落ち度もないが、ファンにとっては衝撃的だったのだろう。

それだけに、最終回直前になって不倫夫婦に対して「どっちでもいいかな」というスタンスでコメントしたことについては、さまざまな声があがった。

■ネット民の声

ブログを受けたネット民からは…

・相変わらず、ドライで冷めたコメント。もう少し、主演として心の動くコメントをすれば良いのに

・朝ドラのクリーンなイメージを期待している人もいるかもしれないけど、変に優等生発言しないのが良いね

・正直でよろしい。好感度を気にしたあざとさが全くないのが清々しい

・波瑠さんがこんな女性だとはしらなんだ。不倫はよくないよ、ドラマと現実をちゃんと区別しないとさぁ

■「媚びない姿勢」が今後に生かされる?

2017春ドラマ女優の人気ランキング!では4位だった波瑠。『あなそれ』の放送により、今後の活動にも期待がもてるだろう。

しかし、一方で視聴者に媚びない、ブレないスタイルが仇になることもあるかもしれない。とはいえ、「正直でよろしい」というネットの声のように、女優らしい気の強さを全面に出した姿勢は好感度の良さにつながるのかも。

・合わせて読みたい→『昼顔』『あなそれ』で注目の「不倫」 その実態と裏側について弁護士が激白

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年3月24日~2017年3月26日
対象:全国20代~60代の男女1,344名(有効回答数)

しらべぇ

トピックスRSS

ランキング