責任感なさすぎ! 非常識教師のありえない退職方法とは…

しらべぇ / 2017年8月13日 5時0分

写真

責任感なさすぎ! 非常識教師のありえない退職方法とは…

(©ぱくたそ)

教師といえば、実直さや責任感が求められる職業のひとつだろう。だが中には、保護者や生徒が唖然とするような辞め方をする人もいるらしい。

しらべぇ取材班は、人々に「教師のありえない退職方法」を調査してみた。

(1)学校を欠勤したまま、生徒に挨拶もなしに退職する

「今年4月に小学生の娘の担任になった若い先生が、5月末に『インフルエンザで』と休んでから学校に来ず、ずっと臨時の先生が代行していたんですが…。

そのまま生徒に挨拶することもなく、退職メールだけを送ってきて辞めたらしく、夏休み明けの9月から担任が変わることになりました。

子供たちも落ち着かなくて可哀想だし、こんな責任感のない人が教師になるなんて、時代も変わったな…と呆れますね」(女性・36歳)

(2)辞める原因になった生徒を名指しして責める

「小学校三年生の時だったんですが、同級生に問題児がいました。多分、今でいう発達障害の子だったと思うんですが、当時はまだそんなことも認知されていない時代。

担任の先生は、僕たち生徒から見ても精神的にまいっているのがわかるくらいで、学年の半ばに体調を壊して、辞職されることになりました。

最後の授業で挨拶する時に、その問題児を名指しして『私はあなたのせいで辞めるんですよ!』と、涙ながらに責めていて。辛かったとはいえ、先生としては失格ですよね…」(男性・30歳)

▪️教師の引き継ぎは必須?

ちなみにしらべぇ取材班が、全国20〜60代有職者の男女674名に「退職時について」の調査を実施したところ、「仕事は引き継ぎをしてから辞めるべき」と答えたの人は、全体で49.5%という結果に。

また年代別でみると、若い世代になるにつれ「引き継ぎは必要なし!」と思っている傾向が強いことが明らかになった。

仕事の引き継ぎ性年代別グラフ©sirabee.com

これから若い先生がどんどん世に出てくると、引き継ぎもせずに辞めてしまう恐れもあるのかもしれない。

だが教師は、生徒の心身状態や家庭環境、友人関係など、さまざまなことを把握していなければ、大きな問題につながってしまうことも…。

生徒が元気に過ごせるためにも、どのような理由であれ、辞める際にはきちんと責任感を持って後任の先生に引き継ぎをしてほしいものだ。

・あわせて読みたい→小学校の担任が! 「身近で犯罪者になった人」から感じた予兆3選

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年2月24日~2017年2月27日
対象:全国20代~60代有職者の男女674名 (有効回答数)

しらべぇ

トピックスRSS

ランキング