『コウノドリ』人工死産の後に我が子を抱く母 ネット上にあふれた言葉は…

しらべぇ / 2017年12月16日 10時0分

写真

(©ニュースサイトしらべぇ)

(©ニュースサイトしらべぇ)

妊産婦を取り巻く様々な問題を丁寧に取り上げ、家族や医師たちの葛藤を描くTBS系ドラマ『コウノドリ』。15日放送の第10話では、医学の進歩によって可能となった『出生前診断』がテーマに。

妊娠中に我が子がダウン症であると診断された2組の夫婦と、産婦人科医の鴻鳥サクラ(綾野剛)たちペルソナメンバーの葛藤が描かれ、答えのない重いテーマに多くの反響が寄せられている。

■出生前診断と「中絶」の関係

親からの勧めによって出生前診断を受けた、高山透子(初音映莉子)と夫の光弘(石田卓也)。その結果、21トリソミー「ダウン症候群」と診断されてしまう。

想像していなかった検査結果に、動揺する高山夫婦は両家の両親を交えての家族会議を行うことに。

一方、サクラの元にはもう一組、出生前診断によって、子がダウン症であると診断された辻明代(りょう)と夫の信英(近藤公園)夫婦が。辻夫婦は家庭の事情から、子に疾患が見つかった場合には「人工中絶をする」と決めていた。

しかし、検査を受ける前から意志を固めていた明代であっても、お腹に宿った我が子の存在を感じる度に苦しみ、葛藤していた。

■正解のない選択、それぞれの決断

手術の日を迎えた明代。中期中絶手術となる明代は薬で陣痛を誘発し、「人工死産」という身体的にも精神的にも非常に大きな負担のかかる方法が取られる。

痛みと吐き気に苦しみながら、明代はサクラに「最後、この子を抱いても良いですか?」と懇願。サクラは、そんな明代の気持ちに精一杯寄り添った。

家族会議の結果、動揺していた高山夫婦も中絶という決断に至る。しかし、透子はどこか心に踏ん切りがつかずに1人迷い続けていた。そんな透子の心が決まったのは、明代と同じく人工死産のため入院をしてからのこと。

処置室へ入る手前でその場に倒れ込みながら「産みたい…でも、怖い」と口にする。その言葉を聞いた、当初中絶を勧めていた透子の母が彼女の肩をそっと抱き、透子の気持ちを受け止めた。

■家族の悲しみ、苦しみから感じたことは…

答えのない選択に、「命の選別」という悲しい言葉までついて回る重いテーマが扱われた第11話。

インターネット上では、悩み苦しむ家族の姿から、「病気や障害も持つ子供がもっと生きやすい世の中になれたら…」そんな声があげられている。

#コウノドリ

障害のある子供だとわかり悩むのは
その子が邪魔なんじゃない
その子を抱えて生きていくには厳しい世の中だからだ
出生前診断では解らない障害のほうが多い
後天性な障害もある
どんな障害を持った子供が産まれてきても心安らかに育てられる社会なら
どんな子供も育てやすい社会になる筈

— ぶち猫 (@butitato) December 15, 2017

ダウン症の子でもどんな子でも、生きやすい暮らしやすい育てやすい社会であれば、そもそも産まないという選択肢が少なくなって、こんなに辛い悩みを抱えなくていいのに#コウノドリ

— たむらぶ (@tamu_love) December 15, 2017

海外の出生前診断の目的は 赤ちゃんを知って生まれた時のため、準備しておく為だから中絶自体少ないそう。それって日本よりも多様性が認められていて、どんな子も育てていけるって思える社会だからじゃないかな。#コウノドリ

— pandesal (@pandesal17) December 15, 2017

■いよいよ来週が最終回

医療の進歩に、それを受け入れる様々なことが追いついていないのではないか…そんな風に感じた視聴者は少なくなかったようだ。

いよいよ次回最終回を迎える同作。能登で産婦人科医として働く父の訃報が伝えられた四宮(星野源)。そして「前から考えていたことがある…」とサクラに言いかけた助産師の小松の言葉が気がかりだ。


(文/しらべぇ編集部・もやこ

しらべぇ

トピックスRSS

ランキング