ヘビーユーザーなら断然お得! 『コメダ珈琲2018福袋』の中身を大公開

しらべぇ / 2018年1月1日 16時0分

写真

(©ニュースサイトしらべぇ)

(©ニュースサイトしらべぇ)

正月の楽しみのひとつである「福袋」。ドトールやスターバックスなど、さまざまな人気コーヒーチェーン店から販売されている。

コメダ珈琲からも1日より販売しているため、しらべぇ取材班もさっそくゲットしてきた。

■福袋は2種類

(©ニュースサイトしらべぇ)

販売されている福袋は3,000円と5,000円の2種類。

「ドリップコーヒー」や「スティックコーヒー」などのコーヒー類と、コメダ珈琲おなじみの「豆菓子」、そして50周年記念の「コーヒーチケット」はどちらの福袋にも含まれている。

5,000円には、これらに「シロノワール引換券」「山食パン引換券」「シークレットグッズ」が加わったもの。

■充実の内容

(©ニュースサイトしらべぇ)

トートバッグはやや小ぶりだが、厚手であることや、中にポケットやボタンがあることから非常に使いやすい。買い物バッグというよりも、スマホや財布、本などを入れて少しお出かけするときに向いているだろう。

(©ニュースサイトしらべぇ)

5種類のオリジナルコーヒーが入っているため、毎日違う味を楽しめる。戌年限定のパックもかわいい。また「小豆小町」という、まさに「名古屋っぽさ」も満点の内容になっている。

■ブランケットが欲しいなら「5,000円袋」

(©ニュースサイトしらべぇ)

シークレットグッズである「ブランケット」は店内にあるイスのクッションと同じ色合いだ。コメダおじさんのロゴが入っている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

キュートなイラストが特長のコーヒーチケットは50周年記念の特別仕様だ。3,000円袋では5枚、5,000円袋では10枚綴りとなっている。

有効期限はないが、使用できるのは購入した店舗のみのため、くれぐれも注意してほしい。

■ヘビーユーザーなら「買い」

(©ニュースサイトしらべぇ)

普段からコメダ珈琲を利用している人なら迷わず「買い」な福袋。一方で、コーヒーチケットの取り扱い店舗が購入店舗のみであることから、近所にコメダ珈琲がないという人にはオススメできないかもしれない。

販売期間は6日まで。「欲しい」と思った人は急いでゲットしよう。


(文/しらべぇ編集部・伊藤大生

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング