丼好きにはたまらない! 実用性ばっちりの『すき家2018福袋』の中身公開

しらべぇ / 2018年1月1日 6時0分

写真

(©ニュースサイトしらべぇ)

(©ニュースサイトしらべぇ)

正月の楽しみのひとつである「福袋」。各店さまざまな趣向を凝らした物やサービスが詰まっているが、すき家の福袋もバラエティに富んだラインナップになっている。

1日から販売しているので、しらべぇ取材班もさっそくゲットした。

■気になる内容は…

(©ニュースサイトしらべぇ)

1,080円(税込み)の福袋の中身は…

・すき家オリジナル丼

・すき家特製たまごかけしょうゆ

・すき家オリジナル黒箸&黒さじ

・お年玉クーポン1,000円分(100円引き×10枚)

・すき家オリジナルミニトートバッグ

■丼好きにはオススメ

(©ニュースサイトしらべぇ)

お茶碗というよりはやや深い、丼ぶり。軽いながらも分厚いつくりなので、牛丼やお茶漬けやに適しているだろう。

(©ニュースサイトしらべぇ)

丼ぶりの底には「すき家」のロゴマーク。さりげないながらこういう気遣いはうれしい。

(©ニュースサイトしらべぇ)

朝食セットでおなじみの、すき家特製「たまごかけしょうゆ」も入っているので、カツオの風味がたっぷりのしょうゆの味を自宅でも楽しもう。

(©ニュースサイトしらべぇ)

さじ、箸には「SUKIYA」の文字が。箸の先端は滑り止めになっているので使いやすい。

■クーポンを使い切るのは難しいかも

(©ニュースサイトしらべぇ)

すべてのメイン商品で使える「お年玉クーポン」は10枚綴り。全国のすき家で利用できるが、商品1点につき1枚までしか使えないので注意しよう。また、クーポンの有効期限が1月と2月に分かれている。

1,000円分の割引券ではあるが、1回で何枚も使えるクーポンではないため、すき家ヘビーユーザーでないとその割引の恩恵をすべて受けるのは難しいか。

丼ぶり、さじ、丼ぶりなど、実用性バツグンの物が詰まったすき家の福袋。クーポンを使い切るのは難しいが、週に何度か店に通う人は買って損はないかもしれない。


(文/しらべぇ編集部・伊藤大生

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング