「俺は赤ちゃんだ!」 おもわず笑ってしまう驚愕クレーム体験4選

しらべぇ / 2018年4月23日 8時0分

写真

(itakayuki/iStock/Thinkstock)

接客業をしていると、毎日いろいろな人と出会う。気持ちのいい人もいれば、「もう来ないで」と思うような人も少なくないのだ。

その中で「おもわず笑っちゃうクレーム」のエピソードを4つ紹介しよう。

(1)食べたかったのは別の弁当

「スーパーで働いていたとき、すでに半分食べた唐揚げ弁当を片手に『俺はハンバーグ弁当が食べたかったのに、間違えて唐揚げ弁当を買ってしまった。だから取り替えろ』と、とんでもないクレームがきたことがある。

断ったら激怒されたので、上司に掛け合ったところ『謝罪して、新しいお弁当を渡して』と言われた。クレームにもビックリしたけど、上司の対応にも驚き」(20代・女性)

(2)俺は赤ちゃんだ!

「電気屋で務めていたとき、きちんと説明しているにもかかわらず、全く聞いてくれないおじさんがいた。挙句、『俺はそんな説明聞かなくてもわかる。バカにしているのか』と怒り始めて。でも、説明は義務だから一通りしました。

そしたら、案の定間違った使い方で壊したおじさんが再来店。『俺たちお客様はな、何もわからないんだよ。俺は赤ちゃんだ!』って大声で怒鳴られた。まず話を聞け。お前みたいに態度の悪い赤ちゃんはいない」(30代・男性)

(3)ハートのハンコ

「エステでローンを組むとき、書類に印鑑で捺印してもらわないといけないんだけど、ハートの枠にひらがなで名前が書いてある子供用のハンコを持ってきたおばさん。

『これではローン組めないです』と説明したら『何がダメなの? ちゃんと名前書いてあるじゃない。シャチハタでもないし』と言われたけど、シャチハタのほうがまだマシ…」(30代・女性)

(4)料金未払い用紙で身分証明

「金融で働いていたとき、身分証明に保険証の保険料未払いの紙を渡されたことがある。これは証明にならないと言ったら、夫婦揃ってめっちゃキレてきた。

身分証じゃないし、そんなのでお金は貸せないのは当然でしょ! とお客さんが帰ったあとで笑った。保険料も払えない人が、お金を借りれるわけがない」(40代・女性)

■お客様は神様?

しらべぇ編集部が全国の20代〜60代の男女1,365名を対象に「お客様」について調査したところ「お客様は神様だから偉そうにしていい」と思っている人は6.3%という結果に。

sirabee20161015okyakusamahakamisama2(©ニュースサイトしらべぇ)

いくら「接客が仕事」でも、あまりにも理不尽なクレームを言われれば、嫌な気持ちになってしまう。そもそも「お客様は神様」とは、「お客様を神様とみて、歌を唄う」という意味で三波春夫が言ったフレーズ。

客だから、おもわず笑っちゃうくらい無茶苦茶なクレームを入れてもいい…なんてことはないのだ。


(文/しらべぇ編集部・鎌田 真悠子



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2016年9月23日〜2016年9月26日

対象:全国20代〜60代の男女1,365名(有効回答数)

しらべぇ

トピックスRSS

ランキング