木下優樹菜、被災者からの悲痛な訴えを拡散 一部で批判の声があがるワケとは

しらべぇ / 2018年7月9日 18時0分

写真

(©ニュースサイトしらべぇ)

(©ニュースサイトしらべぇ)

西日本を中心に記録的な大雨が降った「平成30年7月豪雨」。いまも救助や救援物資を待ち望んでいる人がいる。

このことについて、タレントの木下優樹菜が9日に自身のインスタグラムで被災者から届いたメッセージを紹介して救援を訴えた。

■「どうか早く救助、支援物資が行き届くように」

今回の豪雨による被災者から、SOSを求めるダイレクトメッセージが届いたことを報告した木下。

投稿には、被災者からの「断水してるし物資も届かなくて食料もなく携帯も通じません」「支援がまだ必要です。助けが必要です」と助けを求めるメッセージが載せられている。また、「ユッキーナさんの一言で多くの方に知ってほしいから」「拡散よろしくお願いします」と木下にSNSでの拡散を訴える声もみうけられた。

これらのメッセージを紹介した木下は、「報道されていない、地域だったり救助が全く来ず、若者たちが遺体をあげたり、、している という非常に厳しい状況のメールが届いたりしています」とファンを通じて支援の必要性を訴えた。

ストーリーに↑ sos ダイレクトメールを あげています。 報道されていない、地域だったり 救助が全く来ず、若者たちが遺体をあげたり、、している という非常に厳しい状況のメールが届いたりしています。

A post shared by yuuukiiinaaa (@yuuukiiinaaa) on Jul 8, 2018 at 6:24pm PDT

■「拡散」に応援の声が相次ぐ

投稿を受け、ファンからは「一日も早い救助と復興を祈ります」「拡散して頂きありがとうございます」と感謝の言葉が寄せられた。

また、「私も微力ながら拡散させます!」「私も物資を送りたい」と被災者を支援したいという声も相次いだ。

・ゆきなちゃんに助けを求めてきている方たちの思いが、この投稿を通じてどうか届きますように…

・オムツとか小さくなった洋服とか送りたいんだけど、どーしたら良いのでしょうか? ゆきなちゃん知ってますか?

・ユッキーナが見てくれて拡散してくれて少しでもきっと被災地のみなさん笑顔になれますね

■情報発信を危険視する声も

知名度や影響力もある木下が情報を拡散することによって、多くの人が被害の状況を知ることができたのは事実。拡散された情報から「助けてあげたい!」と行動する人もいるかもしれない。

しかし、一方でこういった発信に疑問の声もあがっている。しらべぇ既報のとおり、岡山県倉敷市では個人が送った支援物資によって自衛隊が通行できないというトラブルが発生している。

また、ボランティアについてもさまざまなリスクがあり、破傷風や感染など一筋縄ではいかない問題もある。

そのため、影響力があるからといって情報を発信することに「危険なのでは?」との指摘も見受けられた。

■一部では不満の声も

また、一部では被災に乗じて好感度を上げようとしているのではないかと推測する声も見受けられた。女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』では、木下に対する批判的なコメントも寄せられている。

・まずはご自分で体張ってボランティアしてみたらどうですか!?

・自分から寄付とか物資を送ったりとか、芸能人のつてで支援とかしないで拡散だけなの? なんのために芸能人やらせてもらってると思ってるの? ダイレクトメール送った人も拡散だけして欲しいだけじゃないと思うんだけど

・個人で支援物資を送る、ボランティアに行くのは邪魔になるからやめろってよく言われてる事だよね? この言い方だと勘違いして個人で頑張ろうとしちゃう人が出てくるかもしれないからなあ…

一部では批判の声もあるが、いまも災害に苦しんでいる被災者にとっては木下が情報の拡散や応援してくれるのは頼もしいもの。「拡散ありがとうございます!」といったコメントも数多く寄せられている。今回の木下の投稿が、被災者のためになることを願いたい。


(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング