食べているときが一番幸せ! 若い女性では多いのに中年層で減る理由とは

しらべぇ / 2018年9月1日 10時30分

写真

(©ぱくたそ)

食事でお腹を満たす最大の目的は、生きるためだ。しかし食はそんな欲求を超えて、人々を魅了するもの。美味しいものを求めて、遠くまで足を運ぶ人さえいるのである。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,498名に「幸せを感じるとき」についての調査を実施。

「食べているときが一番幸せだと思う」と答えた人は、全体で36.5%だった。代表的な欲求の一つにしては、少ないといえるかも。

■若い女性は食べるのが好き

性年代別では、20代女性が一番多い割合になっている。

食べているときが一番幸せ性年代別グラフ(©ニュースサイトしらべぇ)

確かに若い女性は、食べることが好きなイメージである。

「仕事とかでバタバタとしていても、美味しいものを食べれば気分も少し落ち着く。だから忙しいときにこそ一旦手を止めて、おやつを食べるなどして気分転換する。

それで『もう少しがんばろう』って思うから、単純なもの』(20代・女性)

スイーツは、女性の心を大きく動かす力がある。

「暑すぎて食欲がない日もあるけど、スイーツは別。特に夏はアイスが美味しいから、つい食べ過ぎてしまう。コンビニでどれを買うか悩んでいるときさえ、幸せな瞬間」(20代・女性)

■胃もたれやぽっこりお腹のせいで

30代から40代は、美味しいものを知る年代だ。しかし加齢による体調の変化が、食の楽しみを奪うことも…。

「こってりとしたものが好きだったんだけど、年齢と共に胃もたれするようになってきた。でもあっさりとしたものが好きになったわけでもなく、胃のために仕方なく食べている」(40代・男性)

女性は、体型も気になるところだろう。

「だんだん、お腹の肉が落ちなくなってきた。食べているときは楽しいけど、その後の罪悪感が半端ない。今は食べることよりも寝ているときのほうが、幸せを感じるかも」(40代・女性)

■リア充はみんなで食べたい

自分をリア充だと思っている人は、半数以上と高い割合になっている。

食べているときが一番幸せ傾向別グラフ(©ニュースサイトしらべぇ)

特に仲間と集まって食べる食事は、格別だという。

「食事はやはり、みんなで集まってワイワイとするからこそ楽しいと思う。一人で食べるのは、少し味気ない感じがするから好きではない」(20代・女性)

『孤独のグルメ』のようなことは、年齢を重ねないとできないとの声も。

「『孤独のグルメ』みたいに美味しいものを一人で食べる幸せは、ある程度年を取らないとわからないことなのかも。僕も一人だと、コンビニとかで済ませてしまうし」(20代・男性)

どんなことであれ、幸せを感じる瞬間は大切なこと。食べ過ぎに注意しながら、楽しい時間を過ごして欲しいものだ。


(文/しらべぇ編集部・ニャック



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日

対象:全国20代~60代の男女1,498名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング