ジャパネットのテーマソングは好評! 家電量販店の曲を称賛する声も

しらべぇ / 2018年8月25日 15時0分

写真

(画像は<a href="https://www.youtube.com/watch?v=of3511QZJH4" target="_blank">ジャパネットたかた</a> 公式YouTubeのスクリーンショット)

深夜に放送される、通販番組。その中でも圧倒的に知名度が高いのが、「ジャパネットたかた」だ。ジャパネットのテーマソングを、聴いたことがある人も多いだろう。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,498名に「音楽について」の調査を実施。

「ジャパネットたかたのテーマソングを1コーラス歌える」と答えた人は、全体で19.3%と少ない割合であった。耳には残るが、ある程度の長さまで曲を覚えている人はわずかなようだ。

■夜中に流れるので覚えてしまった

性年代別で見ると、30代以上では女性よりも男性の割合が高くなっている。

ジャパネットたかたのテーマソングを歌える性年代別グラフ(©ニュースサイトしらべぇ)

一方で20代では、男性の割合が一気に少なくなるのが印象的だ。

「テレビ自体をあまりつけないから、ジャパネットの番組を観る機会が少ない。それでもなんとなくメロディーくらいはわかるから、影響力はすごいと思う」(20代・男性)

1コーラス歌える人も、覚えようとしたわけではない。

「夜中になんとなくテレビをつけていたらよく流れてくるので、自然に覚えてしまった。キャッチーなメロディーなので、ものすごく頭に残る」(40代・男性)

■ダンスにも注目

フルコーラスは歌えなくても、一部は覚えているという人は多い。

「サビはしっかりと歌えるけど、最初がわからない。『フーウッ、フーウッ』ってところの、上がる感じがいい」(20代・女性)

アニメーションのダンスも、見どころのひとつだ。

「CGのダンスに、ちゃんと振り付けがあることに気づいて感動した。学生とかがみんなでコピーすれば、盛り上がるのでは?」(30代・男性)

■家電量販店のテーマソングは神曲の宝庫

家電量販店のテーマソングは、一部の人たちから大きな評価を得ている。

「家電量販店のテーマソングは、すべてクオリティーが高い。しばらくいるだけで、頭から離れないからすごいと思う。個人的に好きなのは、『ジョーシン』と今はなき『ニノミヤ』かな」(40代・男性)

同様にディスカウントショップ「ドン・キホーテ」の曲も、頭から離れないことで有名だ。

「『ドン・キホーテ』のテーマソングのほうが、全部歌える自信がある。家から近いのでよく行っているのもあるけど、やっぱり耳に残るメロディーなのが強い」(30代・女性)

家電量販店に立ち寄った際には、流れている曲に耳を傾けてみてはいかがだろうか。


(文/しらべぇ編集部・ニャック



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日

対象:全国20代~60代の男女1,498名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング