集団強姦事件による見るに堪えない惨劇 『絶対零度』無情な結末に絶句

しらべぇ / 2018年7月24日 13時0分

写真

(画像提供:(C)フジテレビ<a href="http://www.fujitv.co.jp/zettaireido/">『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』</a>)

「心を…殺した」。魂の殺人とも呼ばれる性犯罪事件。処分理由が伏せられたまま容疑者が不起訴になるなど、不透明な結末を迎える事件も決して少なくない。

23日放送のフジテレビ系月曜ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』の第3話では、そんな卑劣な犯罪の実態に迫った無情なシナリオに、多くの反響が寄せられている。

■昏睡状態の女子大生が「危険人物」? 絶対零度 第3話

今回、AIシステム「ミハン」がはじき出した危険人物は、飛び降り自殺を図り、いまだ病室で昏睡状態にある女子大生・若槻真帆(柴田杏花)。

意識のない彼女のスマートフォンから、所属していたテニスサークルのグループチャットに「復讐してやる」とのメッセージが送信されたほか、同じスマートフォンから爆弾の材料になり得る医療用ニトログリセリンが大量に購入されるなど、穏やかではない様子。

井沢範人(沢村一樹)たち未然犯罪捜査班は、真帆が自殺を図った原因から探ることに。

絶対零度 第3話

捜査班の紅一点・小田切唯(本田翼)は、サークル仲間が集うカフェバーに潜入。その店は学生起業家でサークル代表の湯川司(佐野岳)がオーナーを務めており、湯川は後輩である真帆をとくに気にかけていたという。

■自殺の背景にあった卑劣な犯行 絶対零度 第3話

潜入捜査の中で湯川が作った料理を口にした小田切は、帰路で突然意識を失いかけてしまう。すると、湯川は慣れた様子で小田切を路地裏に連れ込み乱暴しようとしたところ…間一髪、山内徹(横山裕)が駆けつけ被害を免れる。

湯川は、過去に何度も強姦事件を起こして被害届が出されているものの、父親が雇った弁護士によってすべて示談が成立していた。

絶対零度 第3話

真帆の自殺の原因は湯川からの性暴力であると判明。真帆は湯川とその仲間たちに強引に乱暴され、その様子は動画で撮影されていた。犯行現場に居合わせながらも助けることが出来なかったサークル仲間の 阿部広樹(落合モトキ)が、湯川への復讐を企てていると思われたが…。

■性犯罪描写に衝撃

真帆が湯川たちに襲われる回想シーンでは、カメラを回され、複数の好奇の目に晒されながら屈辱的な暴力を受ける悲惨な性犯罪の現場が再現された。

その禍々しい映像から、ツイッター上には「怖い」という声や、湯川や性犯罪そのものへの怒りの声が続出。

マジで強姦とか無理や。
絶対零度のあのワンシーンでさえ
見てらんない。

— ゆうき#8 (@sugar_yuki0525) July 23, 2018

性犯罪者はまじで人間のクズだから地獄に落ちろって心の底から思う #絶対零度

— ゆめ@ほぼカタン垢 (@kumagumaki3) July 23, 2018

こんなクズでも救わなきゃいけないなんて、それが任務なんだって、警察官ってほんまにもどかしいな、というか性犯罪するやつはほんまに死刑でいいと思うんやけどな、まじで、 #絶対零度

— ドラマが生きがいのささりこ (@sachumariko) July 23, 2018

たまたま見た絶対零度の今回のテーマは性犯罪だったね。
性犯罪といじめって現実のニュースだろうとドラマのフィクションだろうと見ると胃がキリキリする(>_<)
被害者の気持ちを考えるとかわいそうとか犯人を殺したいとか色んな感情が混じって頭爆発しそうになる(>_<)

— ゆうた (@yuta48_show125) July 23, 2018

性犯罪被害のトラウマを抱える小田切が、今回のケースにのめり込んでしまう一方で、「湯川の命を守るために動いている」矛盾に、多くの視聴者も葛藤したようだ。

■とんでもない伏兵が事件を撹乱 絶対零度 第3話

危険人物は、湯川への復讐心を持つ阿部と思われたが、メッセージが送信された際の湯川の言動から不可解な点が浮上。真帆の病室に飾られたひまわりの花の花言葉などから、井沢は真の危険人物は、真帆のリハビリ担当・大谷昌大(前原滉)であると断定。

真帆になりすまし、自殺に追いやった人物をあぶり出した大谷は自宅で爆弾を制作。店にいた湯川と小田切を爆死させる算段だったが、既の所で田村薫(平田満)・山内が阻止。「あんたみたいなクズ許さない」と言いつつ、小田切は湯川の縄を解き、任務を全うしたのだった。

絶対零度 第3話

しかし、その後容態が悪化した真帆が死去。湯川は真帆への暴行容疑で連行されるも、証拠不十分で立件には至らず、捜査一課も悔しさを滲ませる不条理な結末に。しかし、その後一人夜道を歩く湯川に突然銃口が向けられ、銃声らしき音がしたところで第3話は幕を閉じた。

■暗躍しているのは誰…?

法律では罰することが出来なかった湯川に向けられた銃口。第2話では「必殺仕事人」の正体は井沢では? という声が多くあがったものの、ワケありなメンバーたちの複雑なバックグラウンドなどからさまざまな人物が囁かれる事態に。

えっえっ、湯川撃ったのだれ??お前に明日はない?#絶対零度

— 鰀目 (@enome__) July 23, 2018

沢村一樹さん、また罰しちゃった?
先週もエレベーターから突き落としたよね?
必殺仕事人みたいだなぁ(*゚ー゚)ゞ
違うのかな…
翼ちゃん、可愛いカッコイイ♪#絶対零度

— sena (@3028Urara) July 23, 2018

「#絶対零度」#3
シークレットブーツを履いた #伊藤淳史 が仕事人、に3ペリカ

— ドラマ放言猫 (@yw720816) July 23, 2018

『絶対零度』の仕置人は、実は桜木泉。という展開は、ないか?

— Takashi Honda (@shuri_ctx) July 23, 2018

やはり井沢なのか、それとも責任者の東堂定春(伊藤淳史)か…はたまた、桜木泉(上戸彩)という展開に期待したい、という声も。

徐々に明かされていく、未然犯罪捜査班に関わる人々の悲しい過去の数々。2分足らずで爆弾を解除した田村のたらい回し遍歴も、気になるところ。

なお次回は潜入中に銀行強盗に押し入られ、予告動画では小田切が銀行員の制服姿で格闘するシーンも…。息詰まる展開に、期待が高まる人が多そうだ。

《これまでに配信した『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』の関連記事一覧はこちら》


(文/しらべぇドラマ班・もやこ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング