高校野球の予選をナイターで実施 「熱中症対策になっている」「いい判断」と称賛

しらべぇ / 2018年7月24日 12時0分

写真

(Siri Stafford/Photodisc/Thinkstock)

連日の記録的な猛暑で相次ぐ、学生の熱中症被害。具体的な改善策が求められる中、高校野球京都大会ではナイターで試合を実施。インターネット上では、「現実的な施策」「いい判断」といった声があがるなど、注目を集めている。

■京都府高野連の判断で決行

報道によると、高校野球京都大会では、猛暑対策として、約3時間の昼休みを導入。午後2~3時の時間帯に、選手や観客が一番倒れるという過去のデータを踏まえての試みだった。

これまで第1試合から連続で行われてきたスケジュールを、23日は第3試合の開始時間を2時間半後ろ倒しに。第4試合は午後7時半開始のナイターとなり、午後10時半を過ぎた時間に試合終了となったとのことだ。

■「いい判断」と運営を称賛する声

今回の報道を受け、「Yahoo! ニュース」のコメント欄では、「いい判断」と運営が行った猛暑対策を称賛する声が続出。連日、学生が熱中症の被害を受けているにもかかわらず、対策が講じられないことに、多くの人がじれったさを感じていたようだ。

「この猛暑を考えたら、いい対策だと思う」

「野球どころか、立っているだけで体がおかしくなりそうな気候。いい判断だと思う」

「今までの当たり前を辞めるっていうのは、勇気がいったと思います」

■まだ改善の必要性もあると訴える声も

また、「午前に試合を複数会場で行うがいい」「もう夏に大会を実施するのが問題」など、今後の改善策についての意見も。

「最高の対策だったかどうかはわからないが、少なくとも最悪ではなかった。日程も含め、今回の経験を踏まえて次回はもっと色々と改善できるだろう」

「そもそも、もう夏の実施に無理がある。秋じゃダメなのかな?」

「ナイターもいいと思うが、4試合やるなら同じ球場じゃなく、他球場で午前中にやったらいいんちゃうの?」

■熱中症になった経験は?

しらべぇ編集部では以前、全国20~60代の男女1,342名を対象に「熱中症」についての調査を実施。結果、全体のおよそ2割の人が、「熱中症になったことがある」と回答していた。

若い世代ほど高い割合で、熱中症の経験があることを鑑みると、日本の暑さが年々激しくなっていることを象徴しているのではないだろうか。

(©ニュースサイトしらべぇ)

今回、高校野球京都大会で試みられた熱中症対策をきっかけに、ほかのスポーツの大会などでもこうした取り組みに着手されることが望まれる。


(文/しらべぇ編集部・野瀬 研人



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日

対象:全国20代~60代の男女1342名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング