ただ見栄を張りたいがために…お金がないのに人に奢る夫に妻激怒も

しらべぇ / 2018年8月3日 5時0分

写真

(macniak/iStock/Thinkstock)

気前よく奢る人は、お金をたくさん持っていると思われる。しかし中には、無理をしてまで奢る人がいるのだ。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,498名に「金遣いについて」の調査を実施。

「お金がないのに人に奢ることがある」と答えた人は、全体で21.2%だった。さらにお金がなくなるのに奢ってしまうのは、どのような心理なのだろうか。

■中高年層が奢る理由

性年代別では、すべての年代で女性よりも男性の割合が高くなっている。

お金がないのに人に奢る性年代別グラフ(©ニュースサイトしらべぇ)

中でも中高年層は、たとえお金がなくても気前がいい人が多い。

「僕らの若いときのデートは、男性が支払いするのが当然だった。女性に財布を出させるなんて、恥ってくらいの認識。

当時は景気が良かったってのも大きいけど、今もその価値観から抜け出せないところもある」(50代・男性)

女性だけではなく、職場の後輩に奢る人も。

「女性だけでなく、後輩にもいいところを見せたいと思ってしまう。『僕も払いますよ』って言われて、『いいよ、付き合ってもらったんだから』と返すだけのために奢っている」(40代・男性)

■若い男性はあまり奢らない

男性も年代が若くなるほど、割合が少なくなっている。「男性が奢るもの」との認識は、薄れてきているといえるだろう。

「給料が少ないので、そんな見栄張ってられない。彼女とのデートはほとんど割り勘で、彼女も最初からそれで納得している。給料も同じくらいなので…」(20代・男性)

気になる女性には、奢る男性も。

「気になる女の子をデートに誘えたら、『ここでいいところ見せないと』と思って支払いのすべてを自分がしてしまう。ただそこから付き合うと、ずっと奢ることにもなりかねない。

どうすればいいのか、悩むところ」(20代・男性)

■お小遣い制なのに奢りまくる夫

40代の女性は、お金がないのに奢る夫に呆れている。

「うちの夫はお酒を飲むと気が大きくなるのか、全員分の支払いを負担して帰ってくることもある。うちは決して裕福ではなく、本人はお小遣い制なのに。

奢った月はお小遣い内でやっていけないので、追加のお願いをされる。『見栄を張るからでしょう!』と言うと、『武士は食わねど高楊枝だから』と返す始末。武士でもないのに…」(40代・女性)

奢られるのは嬉しいが、裏で泣いている人がいるとなると気が引けるものである。


(文/しらべぇ編集部・ニャック



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日

対象:全国20代~60代の男女1,498名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング