巨大流しそうめんで麺が空を飛ぶ! 雑賀衆も登場の「鉄腕ダッシュご当地PR課」に視聴者歓喜

しらべぇ / 2018年7月30日 6時0分

写真

(Sean Hannon/istock/Thinkstock)

29日放送の『ザ! 鉄腕! DASH!!』(日本テレビ系)は、「ご当地PR課」を放送。城島茂と長瀬智也が和歌山県の雑賀崎を訪れ、「巨大流しそうめん」に挑戦した。

■流しそうめんで雑賀崎をアピール

和製アマルフィと呼ばれる雑賀崎を訪れた2人は、坂の多い地形を利用し、巨大流しそうめんでPRすることに。地元民の協力を得て、早速仕掛けの製造に取り掛かる。

竹の組み立てに入ると、長瀬は「カーブしたときにコースアウトする可能性がある」と指摘。14年前の流しそうめんチャレンジの際、麺が落ちてしまったことがあったそうで、その対策として竹に穴を開けるといいのだという。

さらに2人は「アマルフィ感」を出すべく、エレベーターや「空飛ぶそうめん」など、ユニークな仕掛けを設置。全長1キロメートルの大掛かりな「流しそうめんコース」を完成させた。

■順調にそうめんが進む

実際に麺を流すと、思いのほか順調に進む。長瀬の指摘どおりカーブは穴を開けたおかげでコースアウトせず。思わず「我々、流しそうめんは素人じゃないからね」と自信を口にする。

そうめんとともに市内を散歩しながら進む2人。6メートル駆け上がるエレベーターも成功。空飛ぶそうめんも止まってしまうアクシデントはあったが、水を流してクリア。そして麺は空き家を通り、ゴールへと向かう。

■助っ人の協力で見事成功

ゴールまで40メートルのところで、そうめんがストップしてしまう。そこに現れたのが戦国最強の鉄砲隊と謳われた紀伊の雑賀衆鉄砲隊。火縄銃を水鉄砲に持ち替え、城島と長瀬、そして「たけのこまん」とともに水を流し、そうめんを強引に進める。

そして最後は、ゴムパチンコの要領でそうめんを空中に飛ばし、それを船の上で待つ組合長がザルでキャッチする仕掛けが。勢いが良すぎたため頭上を通過しかけたが、組合長がそれを弾き返す。

宙を舞ったそうめんを市役所国際観光部部長がキャッチ。挑戦は成功となった。

■ネット民は演出に称賛

大掛かりな仕掛けを作り、見事1キロメートルの流しそうめんに成功した城島と長瀬、そして地元の誇りである雑賀衆がアシストするという演出に地元出身者を中心に称賛の声が。

まさか現代の雑賀衆が水鉄砲でそうめん流すとは450年前の雑賀衆だって思ワネェだろうなwww#鉄腕DASH

— 長宗我部元親_bot (@motochika_bot1) July 29, 2018

まさかそうめんも、エレベーター乗れせられたり、大ジャンプさせられたりするとは思ってないだろうなwwww#鉄腕DASH

— さど丸 (@annkagekko) July 29, 2018

いろいろ特殊技能を持つTOKIOだけど、「超長距離流しそうめんのベテラン」ってのは他に誰もいないだろうな #鉄腕DASH

— 作る壊す直す (@monaka6996) July 29, 2018

雑賀崎の流しそうめん録画で見た!  #鉄腕DASH
参考資料の映像(合鴨軍団)懐かしい☺
エレベーター&空飛ぶそうめん、水車、大ジャンプ、飛ばして船キャッチ、見所いっぱいあったなー
名物をそうめんと散歩?して巡るのもシュールで面白い😆
雑賀衆(水鉄砲💧)登場は予想外wでも大成功?して良かった👍

— しまうま (@shimauma_y) July 29, 2018

#鉄腕DASH
我が田舎、とはいえもう離れて20数年。まさかTOKIOがそうめんを流すとは!
雑賀衆が水鉄砲?で後押しとか、地元の人はたまらんだろうね。
久々に見たサンマの灰干し、あれに同じ和歌山の湯浅醤油を少し垂らして……美味かったなぁ。

— Blood ☆Roman (@BloodRoman1) July 29, 2018

戦国好きなら、雑賀衆は当然知ってるし、「洋しょく」ってめちゃうまそうだったし、行ってみたいなぁ。
雑賀孫市のグッズとかあるかな?
あの街並みにもいろいろと歴史的な意味があるんだろうし、魅力的な街だと思う。
あと、あのそうめんをキャッチして企画を救った部長とか。
#鉄腕DASH

— yosi (@yyoossiiyosi) July 29, 2018

今日久しぶりに見た鉄腕DASHがおもしろすぎて涙出た。ピタゴラスイッチ感満載の流しそうめんでそうめんが空飛んだし最後のお偉いさんのキャッチとか爆笑だったわ。゚(゚´ω`゚)゚。#鉄腕DASH

— 🍓✩°。⋆♡*° (@ichigo25ty) July 29, 2018

■本職と引けを取らないTOKIOの知識

様々な仕掛けを用意し、雑賀崎をPRするとともに視聴者を楽しませることに成功した城島と長瀬。とくに目を見張ったのが、豊富な流しそうめんの知識。もちろんスタッフのバックアップもあるのだろうが、2人の能力も本職に引けを取らないものがあった。

しらべぇ編集部が全国の20代~60代のTOKIOを知っている人1,233名に、TOKIOの知識について聞いた調査では、じつに50.7%が「本職に引けを取らないレベル」と回答している。

(©ニュースサイトしらべぇ)

今回の放送で、「TOKIOの流しそうめん力」も「本職に引けを取らないレベル」と認識されたのではないだろうか。


(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年8月25日~2017年8月27日

対象:全国20代~60代のTOKIOを知っている人1,233名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング