入院中の仮面女子・猪狩ともか「ただいまー!」と復帰会見 ネットは感涙「本当に大好き」

しらべぇ / 2018年8月27日 6時30分

写真

(画像は<a>狩野ともかInstagram</a>のスクリーンショット)

今年4月、強風で倒れた看板の下敷きになる事故で、脊髄を損傷し両下肢まひとなった女性アイドルグループ「仮面女子」の猪狩ともか(26)が、26日、東京・秋葉原にある常設劇場・仮面女子CAFEで復帰会見を行った。

■「この景色が見たかったです」

約4か月ぶりに劇場に姿を現した猪狩は、車いすに乗って現れ「ただいまー!」と元気に挨拶。大声援を浴びた猪狩は「この日をずっと夢みて」と涙ぐみ「この景色が見たかったです」とファンに復活を報告したという。

しらべぇ既報のとおり、猪狩は4月11日、東京都文京区の湯島聖堂を歩いていたところ強風によって倒れてきた看板にぶつかり、腰を折るなどの大けがを負っていた。緊急手術後、ICU(集中治療室)を経て、一般病棟に入院し治療を続けているところだった。

■今後は、始球式にパラスポーツも

あわせて、猪狩の今後の活動も明らかになった。西武ライオンズが主催する車イスソフトボール大会のスペシャルナビゲーターの就任や、9月9日の西武対ロッテ戦での始球式などが決定したのだ。

さらには、「パラスポーツをもっと知っていきたい」と新たな分野への挑戦も宣言。種目については「退院後にいろいろ見ながら決めたい」と話したとのこと。

■「ついに今日という日がきたー!」

猪狩自身もこの日を楽しみにしていたようで、復帰会見の朝、以下のようにツイートしている。

おはようございます☀☀
ついに今日という日がきたー!

— 猪狩ともか(仮面女子) (@igari_tomoka) August 25, 2018

また会見の日の夜、公式ブログでも、「みんなに久しぶりに会えることすごく嬉しいし、でもドキドキソワソワする!!」とコメントするなど、高まる期待を抑えられない様子だった。

■ネットは感涙「本当に大好き」

そんな猪狩に、ネットからは「大好き!」「尊敬してます」などと応援メッセージが相次いでいる。

・ただただ涙。感動したよ。ともかちゃんにはすごい勇気をもらってる。本当に大好き

・事故にあわれてから今までの明るく前向きな姿は尊敬しています。これから大変なことも多いかと思いますが、応援しています

・アイドルは興味なかったし、どちらかというと「アイドルなんて」と思っていましたが、猪狩さんの事故後のコメントやブログ見て印象変わりました。本当に応援してます! 

・すごいメンタルの持ち主。これからも大変なことがあると思うけど、きっとこの方なら乗り越えていけるんでしょうね。ご活躍楽しみにしてます

全く予期せぬことで、脊髄損傷の末に車いす生活を余儀なくされた猪狩。普通なら、「何で自分が」「私ばっかり」と自暴自棄になってもおかしくはないのではないだろうか。

しかし彼女から発せられるのは前向きな言葉ばかりだ。全てを自分ごととして捉え、受け入れ、それでも前だけを見つめる姿勢には、ただただ感銘を受けるばかりだ。


(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング