キムタク出演ゲームも! 『東京ゲームショウ』のすごすぎる展示物&ブースたち

しらべぇ / 2018年9月21日 10時0分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

9月20日〜23日まで千葉・幕張メッセで開催されている、『東京ゲームショウ2018』。コンパニオンやコスプレもいいけれど、やっぱりゲームのキャラクターが見たい! 人も多いはず。

そんな展示物をたくさん集めてみたぞ。

(1)BanG Dream!(バンドリ)ガールズバンドパーティ!

『BanG Dream! ガールズバンドパーティ!』のエリアでは、CiRCLEのスタジオセットが現実に。

(©ニュースサイトしらべぇ)

サイン入りのポスターが飾ってあったりと、ファンにはたまらない空間になっている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

特製バンドフライヤーセットももらえちゃうぞ。

(2)デビルメイクライ5

(©ニュースサイトしらべぇ)

デビルメイクライのエリアには、かっこよすぎる等身大のネロが!

(©ニュースサイトしらべぇ)

こんなふうに一緒に写真を撮ることも可能だ。撮影後にはオリジナルステッカーももらえちゃう。

(3)キングダムハーツIII

『キングダムハーツIII』は、スクウェア・エニックスとソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下SIE)のブースにそれぞれ撮影スポットあり。

(©ニュースサイトしらべぇ)

こちらは、スクウェア・エニックス。横に立って撮るだけでなく、額縁に中に入ることもできちゃう!

そしてこちらは、SIE。

(©ニュースサイトしらべぇ)

どちらのブースでも、このようにキーブレードを持って撮影できるぞ。

(4)パネルも!

(©ニュースサイトしらべぇ)

『少女☆歌劇レヴュースタァライト』は、11人の少女たちのパネルがずらり!

(©ニュースサイトしらべぇ)

『ダンキラ!!!』も、今にも踊りだしそうなパネルが並ぶ。メリーパニックの3人によるステージイベントが毎日行われるので、元気なイケメン好きは要チェックだ。

(5)外にも展示物が!

そして、入らなくても見られちゃうすごい展示物も。

(©ニュースサイトしらべぇ)

この、ちょっと怪しげなオブジェは、11月末に発売予定の『スティール ラッツ』に出てくる謎のロボット軍・ジャンクボット。今にも動き出しそうだ…。

そして、これは『BORDER BREAK』の1/1プラモデル「輝星・空式」!

(©ニュースサイトしらべぇ)

中に入って操作できちゃいそうなクオリティだ。

(6)やっぱり見逃せない? 『JUDGE EYES:死神の遺言』

そして、ゲーム好き以外からも熱い視線を注がれている『JUDGE EYES:死神の遺言』も東京ゲームショウに登場!

(©ニュースサイトしらべぇ)

すっごくキムタク。体験プレイはもちろんのこと、特設シアターが用意されており最新映像をゆっくり鑑賞することも可能だ。

(©ニュースサイトしらべぇ)

かなり目を引く「大型ショッパーバッグ」や特製パンフレットも手に入るぞ。

見て回るだけでも楽しいのが、東京ゲームショウ。新作や人気作をチェックしていると、やりたい作品だらけになってしまうので要注意だ。


(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング