自分の親を「恥ずかしい」と思ってしまったことは? 「小指の爪が…」「偏見のかたまり」

しらべぇ / 2018年10月8日 7時30分

写真

(deeepblue/iStock / Getty Images Plus/写真はイメージです)

自分自身が年を重ね、付き合いの幅が広がると、親に対してもひとりの人間として、冷静に観察することもあるのではないだろうか。

女性専用匿名掲示板「ガールズちゃんねる」では、自分の親について書かれているスレッドが話題になっている。

■親を恥ずかしいと思ったことは?

投稿者の母親は26歳で結婚し、3人の子供を授かったという。母親には5つ年下の妹(叔母)がいる。

叔母は、3人が高校生になるまで毎年クリスマスプレゼントを送ってくれたり、年末年始のときに顔を合わせば、1人ずつお年玉をくれたり。とにかく、とてもよくしてくれたらしい。

その後、叔母自身も結婚をし、子供を授かったそうだ。しかし、投稿者の母親は、クリスマスプレゼントはおろか、出産祝いすらプレゼントを贈ったことがないとか。

自分の子供には、あれだけ良くしてもらっといて…と「子供ながら恥ずかしい限り」と悲痛な思いを綴り、「我が親ながら、恥ずかしいと思ったことありませんか?」と問いかけている。

■「父の小指の爪」「ついに変な髪の色に」

回答を見ていると、ファッションなども含めた「見た目」、「言動」、「照れ寄りの恥ずかしさ」に分けられるように思う。まずは、見た目から。

「父親の小指の爪が長い 鼻くそ用なのか知らんけど、男が爪長いのって本当にいや。やめてほしいけど、なんとなく言えない」

「父は秋でも冬でもサンダル。しかもダサいやつ。最近有名俳優が1年中サンダル、と聞いてドヤ顔してくる。うざい」

「とりあえず、母能のファッションセンスがやばい。スパッツしか履いてない。スパッツって…」

「母親がついに変な髪の色にしました。紫? 赤? が混じってる感じの? 絶対に手を出してほしくなかった領域。一緒に買い物行きたくない」

■「道に落ちてたかっぱえびせんを…」

続いて多く見られたのは、親の行動や発する言葉などについて。掲示板の中では年齢を重ねた両親を見て「頑固で自己中になっていく」説を唱える人が多いように感じる。

「人種差別的な発言を平気でする。父親だけど、偏見のかたまり。たまに本気でイライラする。昔は柔軟性あったはずなのに、みんなこうなるのかね」

「母は、自分の基準から外れるものは全て非常識らしい。自分の好みじゃないものは全てセンスが悪いらしい。自己中極まりない」

「犬の散歩中、道端に落ちてたかっぱえびせんを未開封状態だからと持って帰ろうとした父。しかも真顔で。まじで引いた」

「外食先や買い物に行った時など、店員さんに横柄な態度をとっていた。小学生の時から嫌だと思っていたが」

■「親の愛が恥ずかしい」パターンも

「恥ずかしい」とひとくちに言っても、「一緒に歩きたくない」「人として恥ずかしい」とは違い、照れからくる恥ずかしさもあるだろう。今回、掲示板では親の愛情を感じる投稿も多く見られた。

「父が重度の親バカで、アラサーの私と妹をいまも『かわいい!』と言う。人前や人混みでも大きな声で「さっちゃーーーん!!(私)」と大きな声で呼んでくる」

「はじめてのバイト初日、何気なく父に『17時までだから』と伝えていた。そしたら、バイト終わりには店の前で待っていたらしく『すみません、〇〇の父です! 17時過ぎたのに娘が出てこないのですが!』と先輩に詰め寄ってた。恥ずかしすぎて、その場で燃え尽きるかと思った」

「うちの中ではもう諦めたけど、母はアラサーの娘(私)のことを、外でも「姫ちゃま」って呼ぶのはやめて欲しい! 死ぬほど恥ずかしい」

今は理解できずに恥ずかしいと感じることも、自分自身がさらに年齢を重ねると共感することも出てくるのだろうか。


(文/しらべぇ編集部・長谷川 瞳

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング