それって幸せアピールなの? 恋人との画像をネットに公開する人の心理とは

しらべぇ / 2018年12月9日 17時30分

写真

(hironakajima/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

(hironakajima/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

スマホとSNSが普及し、ネットに画像をアップするハードルが低くなった。メリットも増えた反面、多くの炎上がデメリットを物語っている。

自分の日常をネットに流す行為は、大きなリスクが伴うのだ。

■SNSにイチャイチャ画像をアップする成人はわずか

しらべぇ編集部では全国20〜60代の恋人・配偶者のいる男女808名を対象に、「恋人・配偶者との画像について」の調査を実施した。

恋人や配偶者と一緒に撮った画像をネットにアップグラフ

「恋人や配偶者と一緒に撮った画像をネットにアップするほうだ」と答えた人は、全体で9.7%と少ない結果に。SNSでよく見るイチャイチャ画像は、さらに若い世代なのかも。

■若い世代に多いが…

性年代別では、やはり年代が低いほどに割合が高くなっている。

恋人や配偶者と一緒に撮った画像をネットにアップ性年代別グラフ

ただ20代でも2割強しかおらず、恋人や配偶者との画像をアップする人は少数派のようだ。

「恋人がいるからって、自慢したいのが伝わってくる。画像だけじゃなく恋愛ポエムを含めてウザいから、ひっそりとやって欲しい」(20代・女性)

そんな批判に対して、彼氏との画像をアップする女性は次のように語る。

「彼氏を自慢したいとかの気持ちはなくて、一緒にいることが幸せだから二人の思い出を載せているだけ」(20代・女性)

■アピールしないと保たれない幸せなんて…

人生経験が長い人たちは、その幸せも長くは続かないと知っている。

「付き合っている頃はわからないかもしれないけれど、いずれ別れる可能性のほうが高いのに…」(30代・女性)

結婚して幸せな家庭を築いている人も、わざわざアピールはしないという。

「お互いに、自慢できるような容姿じゃないからね。フォロワーさんたちも、おじさんとおばさんのツーショットなんて見たくないだろうし。

でも別に夫婦仲が悪いってわけでなく、家族全員が幸せ。アピールしないと保たれない幸せなんて、もろい気がする」(40代・女性)

■別れた彼女が画像を消してくれない

恋人と一緒に撮った画像で、実際にトラブルが起きている人もいる。

「別れた彼女が、僕との画像を消していないのが怖い。こちらから別れを言ったので、当てつけかもしれないけれど…。

友達からも『別れたのか別れてないのか、どっちなの?』って聞かれることがある。でも今さら、『画像消してよ』なんて連絡するのも嫌だし」(20代・男性)

なかには恋人でもないのに、画像をアップされた人も。

「会社の男性社員と仕事帰りに食事に行っただけなのに、二人で撮った画像を勝手にアップされた。

次の日に会社でみんなに『付き合ってたの?』とか聞かれたし、勝手なことはほんとにやめて欲しい。それまで好意的に思っていたのに、一気に苦手な人になった」(20代・女性)

どんなに大人が危険性を説いても、幸せな二人に届くことはないのだろう。


(文/しらべぇ編集部・ニャック



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日

対象:全国20代~60代恋人・配偶者のいる男女808名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング