校舎4階から飛び降りた中2生徒を女性教師がキャッチ 勇気ある行動に称賛の声

しらべぇ / 2018年10月24日 8時30分

写真

(gyro/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

23日、岡山市内の中学校で、中学2年生の女子生徒が校舎4階から飛び降り自殺を図った事件が発生。学校から、「女子生徒が校舎から飛び降りようとしている」などと消防に119番通報があったことで発覚した。

■落下地点にマットを準備中、生徒が飛び降りる

消防などが駆け付ける頃、生徒は4階から飛び降りたという。万が一に備え学校側でマットを下で用意している最中、落下地点で構えていた女性教員に直撃。

2人とも骨折の疑いはあるが、命に別状はないとのこと。現場を見たり話を聞いたりした生徒10人ほどが体調不良をうったえ、数人が病院に搬送された。

■ネットでは教員に称賛の声

マットの準備をしていたのなら、生徒の飛び降りに対してマットでキャッチしようとするのが通常の心理というもの。自殺を図ったとされる生徒がそれを避けるように飛び降りたのかは不明だが、教員のとっさの判断があったと考えるのが妥当だろう。

ツイッターなどのネット上では教員に対する称賛の声があふれた。

「女性教員すごい! 生きてて良かったっていつか思うよ」

「良かった~…しかし…受け止めるって凄いな…」

「命に別状なくて良かったな!! 先生も子供も!!  気合い入った先生やで」

「直前の状況はよくわからないけど、4階から飛び降りてくる子を受け止めるってすごい勇気だな…」

「4階から飛び降りた女子生徒を受け止めたって、それも女性教師が一人で! 」

「え? 受け止めれるの? 4階から人が落ちてくるって避けてしまうわ… すごい先生やな…」

■自殺を本気で考えたことがある人は多い

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,332名を対象に「本気で自殺を考えたことがあるかどうか」を調査したところ、特に若い世代になるほど多く、全体としても少ないとは言えない結果になった。

(©ニュースサイトしらべぇ)

ピーク時から比べ自殺者の総数は減少傾向にあるとはいえ、平成29年のデータでは21,000人を超えている。これはいまだに先進国の中では最悪のレベルだ。

生きることに悩んでしまったときは、この先生のように「命をかけて守ってくれる人もいるかもしれない」と、立ち止まって考えてみてほしい。


(文/しらべぇ編集部・momoya



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年3月24日~2017年3月26日

対象:全国20代~60代の男女1,332名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング