妻の11ヶ月の連れ子を「壁に投げつけ」殺害… 12年前の事件が反省し、怒号と賞賛

しらべぇ / 2018年11月8日 16時30分

写真

(Jupiterimages/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

(Jupiterimages/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

7日、警視庁は約12年前に生後11か月の娘に暴行を加えて死亡させたとして、継父の男(42)を傷害致死の容疑で逮捕した。

捜査が難航していた12年前の事件の結末に、ネット上では衝撃が広がっている。

■連れ子を壁に投げつけ殺害

「読売オンライン」によると、逮捕容疑は2006年12月30日昼頃。新宿区にあるマンションの一室で、同居していた妻の連れ子の、生後11ヶ月の娘を部屋の壁に投げ付けて頭の骨を折るなどし、死亡させた疑いがある。

妻は当時外出中で、容疑者は事後に自ら119番通報。娘は意識不明の状態で治療を受けていたが、約2ヶ月後に死亡した。司法解剖の結果、頭蓋骨骨折や硬膜下血腫、脳浮腫などがみられ、頭に強い衝撃を受けていたことが判明。しかし、捜査は難航することに。

■刑事ドラマのような展開に

しかし、今年に入ってから、長期未解決事件を担当する警視庁捜査1課の特命捜査対策室が、再捜査を開始。

外部からの激しい衝撃による傷の可能性が高いことが判明し、また、心臓近くの「胸腺」が萎縮していることも確認され、逮捕に繋がった。

この部位は、強いストレスを受け続けると縮むそうで、生前の虐待の可能性も疑われるようだ。

■怒号が相次ぐ

この報道に対し、ネット上では怒りの声が相次ぐことに。

・12年前の事件、警察よく調べたよね。亡くなられたお子様のご冥福をお祈りいたします。そして、クソ野郎には極刑を!!

・こういう事件を見るたびに、人間はサルなんだよな…と

・強いストレスを受け続けると縮む胸腺が萎縮していたそうだけど、11ヶ月の子が!? そんな小さな子が!? 強いストレスを受け続けてたって…なんてひどいひどすぎるよ

・決して許せない行動だ

■警察に賞賛の声

一方、真相を解明した警察に対して、賞賛の声も。

・12年前の事件がなんで今さら?と思ったらドラマみたい!!!

・ほんとに捜査して、12年後に解決なんてあるんだ!!

・遅くなったのは事実だが、グッジョブだな

■両親から虐待を受けた経験は…

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,328名に「虐待」について調査したところ、8人に1人が「両親から虐待を受けたことがある」と回答。

わずかな差ではあるものの、若い年代ほどその傾向が見られた。

生きていれば13歳になっていた女の子。事件の真相が判明したのは喜ばしいことだが、その命が戻ってくるわけではないことを考えると、無念でならない。


(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日

対象:全国20代~60代の男女1,328名(有効回答数)

しらべぇ

トピックスRSS

ランキング