岩井志麻子、AI搭載の猫撃退システムを見事に騙す 「さすがヒョウを極めた女」と称賛

しらべぇ / 2019年2月26日 10時30分

写真

(castenoid/iStock/Getty Images Plus)

26日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で、作家でタレントの岩井志麻子がAI(人工知能)に勝利したことが話題だ。

■野良猫撃退システムと対決

番組が取り上げたのは、AIが野良猫を認識すると水鉄砲で撃退する「ニャンナウェイ」というシステム。

開発者の男性によると、猫の画像を1万枚学習させており、顔を認識して水を発射するのだという。実際、犬の写真を近づけてみたが、何の音沙汰もなく、その精度の高さを伺わせる。

番組スタッフは、「猫っぽい人間が来たらどうなるのか」をテスト。タイガーマスクの格好をしたスタッフと思われる人物が「ニャンナウェイ」の前に現れるが、反応はなかった。

■岩井が見事に騙す

「最も難易度の高い人物」と紹介されたのが、『5時に夢中』(TOKYOMX)で度々ヒョウコスプレを見せる岩井志麻子。どう見てもヒョウとしか思えないメイクと衣装で、AIに立ち向かう。

「日本で一番ヒョウを極めているのは私」と豪語する彼女は、よつん這いで「ニャンナウェイ」の前をウロウロ。すると、大量の水が発射される。AIは、岩井を「猫」と認識したのだ。

スタッフから「これは完全に岩井さんを猫と認識したということですか?」と聞かれた開発者は、「そうですね、しちゃいましたね…おかしいな」とややバツの悪そうなコメント。

さらにコメント中にも水が発射され、「さっきの(テストでの)猫の写真よりも全然打ってる」と舌を巻く。今回は岩井志麻子の完全勝利。これには同じ『5時に夢中』出演者のマツコも大爆笑した。

■視聴者は驚き

AIに「猫」と認識させた岩井に、視聴者も驚きの声を上げた。

岩井志麻子、AIに猫と認識されるwww
さすがヒョウ女優(°▽°)

— カビゴーヌ (@Osanpo_kabigone) February 25, 2019

志麻子、猫認識されてるwww#月曜から夜ふかし

— まつ子実況垢 (@submatsuko) February 25, 2019

夜ふかしで最新猫よけマシンが出てきて、猫以外の写真や猫っぽい(人の)仕草などで猫よけの機能発動するか検証してたんだけど、全身ヒョウ柄の岩井志麻子さんは猫認定されてた😂
「ネコ科のパリピ」なあの子もやってみてほしい笑😹

— ♪イカレ帽子屋♪ ・ω・)っ猛毒くれさい (@lifeworkrock) February 25, 2019

岩井志麻子は猫でした。wwwwwwwwwwwwwwww#月曜から夜ふかし

アウトーーーーーーーーーーーーー!

— ささぴー【一般男性】 (@sasapy2016_MB) February 25, 2019

岩井志麻子の見事な演技に騙されてしまった「ニャンナウェイ」だが、今後この失敗を踏まえ、試行錯誤することで精度が上がるものと思われる。開発者にとっても、実験は貴重なものだっただろう。

■人間を脅かす存在になりつつあるAI

失敗を繰り返しながら進化してきたAIは確実に人間の生活に浸透しており、便利になる一方で「脅かす存在」として恐れられている。

しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,342名を対象に、AIの発達した未来は「怖い」「明るい」どちらだと思うか聞いた調査では、「不安」が「期待」を上回っていることを見ても、それは明らかだ。

将棋や囲碁など、「人間対AI」では人間が勝てなくなっているだけに、老獪なテクニックでAIを「騙した」岩井に、視聴者は一種の安心や「してやったり感」を持ったのかも。

しかし「ニャンナウェイ」も今後精度を上げてくることは間違いないだろう。進化バージョンとヒョウを極めた女岩井志麻子との再戦に期待したい。


(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日

対象:全国20代~60代の男女1,342名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング