明るい性格の人はやはりモテる? しかし「ウェーイ系は苦手」という女性も

しらべぇ / 2019年3月23日 13時0分

写真

(©ぱくたそ)

明るい性格の人は、あらゆる場で評価されやすいものである。恋愛の場合でも、明るい人はきっと有利なのだろう。

■「明るい性格の異性が好き」6割以上

しらべぇ編集部では全国20〜60代の男女1,589名を対象に、「好みの性格について」の調査を実施。

明るい性格の異性がタイプだグラフ

「明るい性格の異性がタイプだ」と答えた人は、全体で64.4%と高い割合になった。

■明るい性格は中高年層に人気

性年代別で見ると、男女共に若者よりも中高年層の割合が高くなっている。

明るい性格の異性がタイプだ性年代別グラフ

一緒にいて楽しい人が、断然にいいと語る女性も。

「暗くてなにを考えているのかわからないような人よりも、明るくて一緒にいて楽しい人のほうがいいに決まっている。おとなしい人は繊細な感じもするから、気を遣いそうだし」(40代・女性)

■ウェーイ系は苦手

クラスで目立たない存在だった人は、明るい女性が苦手だという。

「クラスで目立っていたタイプで、そのまま大人になった感じの女性が無理。僕自身は目立たない存在だったから、そのときの上下関係を思い出してしまう」(20代・男性)

テンションが高い男性には、引いてしまうとの意見も。

「暗いとまではいかなくても、穏やかな感じの男性が好き。いわゆる『ウェーイ系』のテンション高めな男性は、知的な感じがしないし疲れそう」(20代・女性)

■メンヘラ女子に振り回されたので…

ネガティブな女性に振り回された経験から、次に付き合うのは明るい性格の人がいいと語る男性も。

「昔、メンヘラ女子と付き合って振り回された経験があるので、それ以来、ネガティブな女性は嫌だと思うようになった。

次に付き合うのは明るくてポジティブな人がいいと思っているけれど、前の彼女は付き合ってから豹変したし…人の性格を見抜くのって、かなり難しい技だと思う」(20代・男性)

一緒にいて楽しい気持ちになれる人なら、人気があるのも当然だろう。


(文/しらべぇ編集部・ニャック



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年2月1日~2019年2月4日

対象:全国20代~60代の男女1,589名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング