あんなに愛し合ったのに… 別れてよかったと心の底から思う相手の特徴とは

しらべぇ / 2019年3月28日 11時0分

写真

(Andrii Yalanskyi/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

一度愛した相手のことは、素敵な思い出として心に留めておきたいと考える人も多いだろう。しかしこじれて別れた相手には、憎む気持ちしかない人もいるのだ。

■4割以上が別れてよかったと思う相手あり

しらべぇ編集部では全国20〜60代の恋愛経験のある男女1,283名を対象に、「別れた相手について」の調査を実施。

別れたよかったと心の底から思う相手がいるグラフ

「別れてよかったと心の底から思う相手がいる」と答えた人は、全体で41.5%だった。

■別れてから相手が遊び人だと知り

性年代別では、すべての年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

別れたよかったと心の底から思う相手がいる性年代別グラフ

別れてから、相手の嫌な部分を知ることもあるだろう。

「元カレにフラれたときは、めちゃくちゃ落ち込んでいた。しかし別れた後に、彼のよからぬ噂を周囲からたくさん聞いた。

遊んでいる女性が何人もいるようで、一気に気持ちが覚めて。現在、彼と付き合っている女性に最初はめちゃくちゃ嫉妬していたけど、今は『遊び人の彼氏でかわいそう』という気持ちが強くなっている」(20代・女性)

■別れた相手の幸せを願う男性

別れた相手のことを、悪く言いたくないと考える人も。

「別れた相手のことを悪く言うのって、あまりいい行為ではない気がする。フラレて腹立つ気持ちもわかるけれど、相手の幸せを願う懐の広さを見せたい。

そしてあわよくば、『そんな優しいところが素敵』と思ってくれる新しい相手が現れてほしい」(30代・男性)

一方で忘れるには、嫌いになったほうがいいとの考えもある。

「優しい思い出ばかり引きずっていたら、なかなか次に進めないと思う。心の底から嫌いになって、さらにそこからどうでもよく思えたときが、相手を忘れられたといえるんじゃないかな?」(20代・女性)

■ダメな異性とばかり付き合うので…

恋愛体質の人は、6割近くと高い割合になっている。

別れたよかったと心の底から思う相手がいる傾向別グラフ

ダメな異性とばかり恋愛している人は、最終的に嫌な思い出しか残らないようだ。

「私は男性を見る目がないので、相手はダメな人ばかり。そんなダメなところから関係が悪化して別れるので、最後には嫌な思い出しか残らない」(30代・女性)

どんな気持ちを抱いていたとしても、できるだけ早く前に進みたいものである。


(文/しらべぇ編集部・ニャック



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年2月1日~2019年2月4日

対象:全国20代~60代恋愛経験のある男女1,283名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング