1食50円でも余裕! ガス代も節約できる『自家製冷凍パスタ』がお手軽ウマい

しらべぇ / 2019年3月21日 12時0分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

1人暮らしでもファミリーでも、お手軽に作れるパスタを茹でて食べることは多いだろう。だが、こう思ったことはないだろうか「毎回大量にお湯を使って捨てるのはもったいないし、茹でるのが手間」と。

■オススメ『自家製冷凍パスタ』

そんな人にオススメしたいのが『自家製冷凍パスタ』。冷凍パスタなんて家庭で作れないと思いきや、予想外に簡単に作れるのである。

材料もパスタとソースがあればOKで、とくに追加の材料は必要なし。いつものとおりでOKだ。

■茹で時間は規定の7割

作り方は、パスタを規定の7割程度の時間で茹で…

あらかじめボウルに入れたソースで和える。長い麺を使う場合は半分に割っておくとやりやすい。

■敷いたラップにパスタを載せる

次は敷いたラップに100グラムずつパスタを乗せる。

このようにして折り畳み、余熱をとろう。

■冷凍庫で凍らせて完成

余熱がとれたらジップロックなど冷凍バッグに入れ、冷蔵庫で保管。

カチカチになったら自家製冷凍パスタの完成だ!

■解凍時間は2分

解凍は使うソースなどでも若干変わってくるが、だいたい2分加熱し、その後少しずつ様子を見て時間を足していくのがオススメ。

食感はほぼアルデンテで、冷凍食品のパスタと変わらない。使うパスタは9分ぐらいの茹で時間長めのスパゲティを使うと、上手く行く可能性が高いぞ。

■1食50円も夢ではない

たとえば1キロ200円ぐらいの業務スーパーなどで売られている格安パスタを使い、ソースも700グラムほどで300円前後のソースがあるので、それを組み合わせれば1食50円も夢ではない。

毎回1食分のパスタを茹でる手間もなくなるので、茹でるのを手間に感じていた人にはぜひ試してほしい。


(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング