『チコちゃん』エイプリルフールの謎に迫る 「嘘つく理由」を解説するも結論は…

しらべぇ / 2019年3月23日 14時30分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)


22日に放送された『チコちゃんに叱られる!』(NHK)で、扱われたテーマのひとつ「エイプリルフールってなに?」の調査結果が、ネットで話題となっている。

■諸説ありすぎる?

今回のテーマに対して番組による回答は、「時代遅れの人たちをからかう日」とのこと。かつては、キリスト教の祝日が1年の始まりだったが、その祝日が地域ごとに違うため、年の始まりが地域ごとに異なっていた。

そこで、フランス国王が「現在の1月1日を1年の初めとする」と決めたものの、一部には「4月1日を1年の初め」とする人々も。「そんな地域の人たちに対し、4月1日にハッピーニューイヤーと嘘をついたことから始まった」と解説した。

しかし、長い解説をした後、どんでん返しが。じつは、「本当のエイプリルフールの起源は分かっていない」が答え。様々な説があることから「諸説ありすぎる」という回答に変更され、その諸説ができる限り紹介された。

4月の魚説/魚にだまされた説//ロレーヌ地方八小節/ユダ誕生日説/インドの僧説/古代ローマの祭説/悪魔追い払い説/ノアの箱舟説/うお座説/春の天気は気まぐれ説/カモメだまされる説/ユダ命日説

最初に解説した「時代遅れの人をからかう説」を含めると13つの説があるという。

■視聴者「またそれか」

諸説という回答に毎回驚く視聴者だったが、流石に最近は慣れてきた様子。「また所説か」という反応が増えたきた。しかし、呆れられている様子ではないのが不思議なところだ。

いつもの諸説あります #チコちゃんに叱られる

— ハンター (@anothermonster9) March 22, 2019

#チコちゃんに叱られる
エイプリルフールには諸説あり、未だ不明だそうな。

— あわ☆さくら@あまおと小説&このはなマルシェ (@awa_sakura) March 22, 2019

やっぱり出てきた「諸説あり」#チコちゃんに叱られる

— ラジオネーム☆彡ちばなお (@chibanao1972) March 22, 2019

■事前に嘘を考える?

嘘をついていい理由は解明されなかったが、エイプリルフールのために準備をする人はどのくらいいるのだろうか。しらべぇ編集部が全国320代〜60代の男女1,361名を対象に「エイプリルフール」について調査した結果、全体の12.6%は「つく嘘を事前に考えている」と回答。

事前に嘘を考えるのはどの世代でも2割以下とかなり少ない様子。エイプリルフールだからといって気合いを入れる人は少ないようだ。

実際のところはどんなところから嘘をつく文化が根付いたのだろうか。NHKが調査してわからなかったのだから、起源は一生出てこないのかもしれない。


(文/しらべぇ編集部・Aomi



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2018年3月23日~2018年3月27日

対象:全国20代~60代の男女1361名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング