ブルゾンちえみ、小学4年の頃の日記をインスタで公開 その内容に共感の声が殺到

しらべぇ / 2019年4月5日 6時30分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

4日に投稿されたブルゾンちえみのインスタグラムが、多くの共感を生み話題となっている。

■「男になりたかった」

突然、日記の写真をインスタグラムに投稿したブルゾンちえみ。その日記は小学4年生の頃に書かれたものだった。

View this post on Instagram

「あ〜女に生まれて、よかった!」 と、 小4の私は17年後に、 たくさんの人の前で言ってるとは思いもしなかっただろう。 これは、私の小学4年生の頃の日記だ。 (2000年12月15日金曜日) 当時の私は、女のぐじぐじが、相当嫌だったようで。笑 この後にも、何度も何度も、 男になりたい、男になりたいと書いていた。 少年って、サッパリしてるし 女子の方がどうしても成長が早いしで、 そういう葛藤があったんだろうね。 日記のラストのページにも、 目標、っていうか、心得書いてた。 → ○いつも男のように さっぱりきれいな心で ○ぐじぐじは、いかんいかん。 ○自分の意見は大切に。人がああだからって、ダメ。 当時の私にとっての「男」ってのは「漢」って感じで 憧れてたんだろうね。 背表紙にも、問いかけみたいなのが書かれてて、 「今やっている事。自分はスガスガしいと思う!?」 って書いてる。 今の私がよく言う、 「本能で生きてる?」 みたいな感じだ。笑 問いかけ、好きよね〜、笑 結局、子どものときから 言ってること変わってないんかもなー 自分であって自分ではないような気もするし、めちゃめちゃ自分だ、と再確認することもある。 日記はやはり、趣深い #自分のことうちって呼ぶタイプだった系女子 #ポケモンパンのシール #固い意思と硬い石のダジャレ #結局日記毎日書いてなかった #弱い意思 #だからノートが終わるまで小4から中1までかかってる

ブルゾンちえみ BURUZON CHIEMI 3583さん(@buruzon333)がシェアした投稿 – 2019年 4月月4日午前1時01分PDT

この投稿に写されている写真では「女って難しい。男になりたかった」と書いている。それに対して投稿では「当時の私にとっての「男」ってのは「漢」って感じで憧れてたんだろうね」とコメント。

現在では、女で良かったというブルゾンちえみだが過去には、男になりたかったという時期もあったようだ。

しかし、日記の背表紙には「今やっている事。自分はスガスガしいと思う!?」と書いてあったらしく、「本能で生きてる?」と問いかける現在と言っていることは変わっていないとも綴っている。

■共感の声が殺到

「男の子になりたかった」という子供の頃のブルゾンちえみに対し、共感の声が集まった。

「女に生まれてよかったけど、女って面倒くさい生き物って思います」

「共感! すごい分かります。その頃わたしも同じようなこと考えてました…」

「娘がおんなじこと言ってます。お友達は男子ばかり」

■男性のほうが人生が楽?

しらべぇ編集部が全国の20代〜60代の男女1,328名を対象に「人生」について調査したところ、全体の31.4%の人が「男性のほうが楽」と回答。

男性

30代より上の世代は男性自身も「男性のほうが人生が楽」と答えている割合が高い。女性のほうが得をすることも多いかもしれないが、人生が楽なのは男性と考える人が多いのかもしれない。

子供の時から今まで似たような考えを持っているブルゾンちえみ。生き方をよく考えていることが、彼女の人気の秘訣なのかもしれない。


(文/しらべぇ編集部・Aomi



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年11月17日〜2017年11月20日

対象:全国20代〜60代の男女1,328名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング