年齢とともに性格が落ち着いたのを実感! 一方で「中身が未熟」と感じている人も

しらべぇ / 2019年6月16日 17時20分

写真

(maroke/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

若い頃は小さなことでテンションが上がっていた人も、年齢を重ねると落ち着いた大人になっていく。自分の性格の変化から、成長を感じる人も多いだろう。

■半数以上が年齢とともに落ち着いたと実感

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,732名を対象に、「自分の性格について」の調査を実施。

年齢とともに落ち着いた性格になってきたと思うグラフ

「年齢とともに落ち着いた性格になってきたと思う」と答えた人は、全体で51.5%と高い割合になっている。

■年と重ねる度に落ち着いていく

性年代別では、ほとんどの年代で半数前後の高い割合になっている。

年齢とともに落ち着いた性格になってきたと思う性年代別グラフ

年代が上がるほど、増加するわけでもないのが興味深いところだろう。

「子供の頃と比べたら、10代後半のほうが落ち着いてる。ただ20代のときに10代を振り返ると『あの頃はテンション高かったな』となるから不思議。年を取る度に、そんなことを繰り返している気がする」(40代・女性)

■成人したものの中身が伴わない

20代男性だけは、他と比べて少なくなっているのも印象的である。

「成人はしたものの、中身が伴っていないように感じることが多々ある。仕事でも大きなことを任せてもらえる立場にもないし、酒の場ではまだまだ学生時代のノリを引きずっている。もっと大人の男になりたいけれど、現実はむずかしい」(20代・男性)

■恋愛体質の人も成長して…

恋愛体質の人は、7割を超える高い割合になっている。

年齢とともに落ち着いた性格になってきたと思う傾向別グラフ

若い頃は彼氏を振り回していた女性も、現在は少し落ち着いたという。

「若い頃は付き合った人を振り回して、朝まで泣きながら電話に付き合わせることもあった。今も彼氏を振り回すことはあるけれど、冷静になるのは早くなった気がする。

なにより、朝まで抗議するような元気はもうない。面倒な恋愛は、当人も体力を使うから」(30代・女性)

精神的な落ち着きは成長の証であるが、小さなことで感動できなくなってしまうのは少し寂しさもあるだろう。


(文/しらべぇ編集部・ニャック



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日

対象:全国10代~60代の男女1,732名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング