木村拓哉や有村架純からなぜかメールが… 頻繁に届く迷惑メールに困惑の声

しらべぇ / 2019年4月20日 19時0分

写真

(ponsulak/iStock / Getty Images Plus/写真はイメージです)

憧れの芸能人に会ってみたい、そう思ってもなかなかお目に掛かれる機会は少ない。しかし、ある日突然芸能人からメールがきたら…? 本物なら天にも昇る思いだが、じつは芸能人を装った迷惑メールの可能性も。

では、芸能人を装った迷惑メールを受け取ったことのある人は、どのくらいいるのだろうか。

■約3割に経験あり

しらべぇ編集部が、全国10〜60代の男女1,732名を対象に調査したところ、「芸能人を装った迷惑メールが届いたことがある」と答えた人が、全体の29.2%に及んだ。

迷惑メール

約3割の人が、迷惑メールを受け取った経験があるようだ。男女別にみると、男性が24.7%、女性が33.1%と女性のほうがかなり多く届いている傾向も。

■20代女性が受け取りやすい?

さらに男女年代別でみてみると…

迷惑メール

20代女性が54.8%と、突出して高い割合を叩き出した。ファッションサイトや通販、ネットオークションサイトなど、メールアドレスなどの個人情報を提供する会員制サービスが増加している昨今。

どこかで自分の個人情報が流出してしまっていると考えると、大変恐ろしい現状である。

■木村拓哉や有村架純から届くことも…

しらべぇ取材班は、実際に芸能人の名を騙る迷惑メールを受け取ったことがあるという人々から話を聞くことができた。

「有村架純を装った詐欺メールが届きました。ご丁寧にアドレスにも「kasumi-a」って入ってて、手が込んだ詐欺メールだなって思いました」(20代女性)

「前田敦子からメールがきました。接点もないし、変なURLも貼ってあったから無視しましたけど。怪しさ満点でしたよ」(30代男性)

「木村拓哉の偽物からきました。次のドラマの話について書いてありました。正直、今どきメールでやり取りなの? って疑問に思いましたけどね」(50代女性)

「岡田准一から届いて無視したんですが、その後アドレスを変えて何度も送ってくるんです。迷惑メール設定もできないので困ります」(20代男性)

メールの届いたほとんどの人が、相手は偽物だと気が付いている様子。

迷惑メールの特徴として、怪しいURLが貼ってあるもの、本文のみで返信を催促するような内容のものと、大きく分けて2パターンほどあるようだ。また、ご丁寧にもアドレスを変えて、何通も送ってくる特徴もみられる。

URLが貼ってあれば「怪しい」と気が付きやすいが、本文だけだと間違いメールかな? とつい返信してしまいそう。身に覚えのない怪しいメールを受け取ってしまっても、何もせず「無視」を心がけてほしい。


(文/しらべぇ編集部・ちくわり子



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日

対象:全国10代~60代の男女1732名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング