フルポン・村上健志、狩野英孝との確執に言及 「いいお兄ちゃんだから言ってしまった」

しらべぇ / 2019年4月20日 15時30分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

20日、お笑いコンビ・フルーツポンチの村上健志と亘健太郎の2人と元サッカー日本代表の前園真聖が、都内で行われた日本トイザらスの「スポーツトイフェス2019」イベントに登場した。

しらべぇでも既報の通り、16日に放送された『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で狩野英孝との仲の悪さが明らかになってから、初めて報道陣の前に姿を現した村上。 現在の狩野との関係性について問われ、「お互い心の中では尊敬し合っている」と率直に語った。

■子供からも「イジられて嫌じゃない?」

村上健志

村上は、「いいお兄ちゃんだからあそこまで言ってしまったのかなと反省している」とし、「すみませんでした」と謝罪の意を述べた。 子供からもチクリと刺されていた村上。

『アメトーーク!』(テレビ朝日系)とかでイジられて嫌じゃないんですか?」と質問されると、「ものすごく嫌」と即答した。「嫌なことがあるじゃなくて全部が嫌」と完全に拒絶。街中で「ヒザ神」と声をかけられるというが、「あれ悪口だからね」と注意を喚起した。

■村上、子供の頃は「eスポーツ」

亘健太郎

イベントでは子供の頃にしていたスポーツについて話が飛んだ。 前園はサッカー以外にもテニス、卓球と多岐にわたり行なっていたという。 かつて航空自衛隊だった亘はサーフィン、スキーと本格的。

一方、村上は「小学校の頃からeスポーツ」だと言うと、亘が「その頃eスポーツと言わないよ」とツッコミ。サッカーを9年やっていたとその後言うと、実際に村上、前園がリフティングを見せた。

■前園「子供と一緒に蹴りたいとは思わない」

前園真聖

子供にやってもらいたいスポーツについて前園は「一緒に蹴りたいとは思わない」と発言。 「サッカーは大変。興味のあることを夢中になってやってもらいたい」と理由を話した。

日本トイザらスがスポーツに特化した体験型イベントをGW期間中に開催するにあたり、ストライクアウト、バスケットを子供たちとプレーした3人。

感想を聞かれ「お父さん、お母さんも子供と一緒に楽しめる。また遊んで欲しい」と前園。 ストライクアウトで子供に敗北した村上は「今日はステージだったが、公園や庭でずっとやっていたい。真剣にやってたから悔しさもあった」と感想を述べた。


(取材・文/しらべぇ編集部・ワカメ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング