これがタダなんて東京ではありえない 北海道旭川市の子供無料遊び場が最高すぎる

しらべぇ / 2019年4月21日 18時30分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

醤油ラーメンや塩ホルモンで有名な、北海道中央部に位置する旭川市。

観光地としては家族で楽しめる旭山動物園が全国的に知られているが、じつは地元の人が使う子供の無料遊び場がありえないぐらい充実しているでご紹介しよう。

■わくわくエッグ

ひとつめは、旭川市郊外にあるカムイの杜公園内にある屋内施設『わくわくエッグ』。

施設内ではすべり台や天井に吊るされた子供が入れる網状の遊び場など、寒いときでも暖かく遊べる遊具がいっぱい。さらに軽食の販売や自動販売機もあるため、大人が子供を見守りつつ、お茶をすることだってできるのだ。

また、冬季は閉鎖されているがカムイの杜公園にもアスレチックなど遊具がいっぱいあるため、1日中遊ぶことが可能。都内では絶対ありえない広さと充実ぶりに、旭川市に引っ越したくなるレベルで感動した。

■もりもりパーク

お次は、旭川駅からほど近い商業施設『フィール旭川』内にある、旭川市が運営する子供向け屋内遊戯場『もりもりパーク』。

館内にはボールプールやボルダリングなど、東京なら安くても30分500円はするレベルの施設よりも広くて充実した遊具が盛りだくさん。

しかも赤ちゃんが楽しめるゾーンもあり、乳児から小学校低学年まで幅広く楽しめるよう設計されている。さらに授乳室まで用意されている至れり尽くせりさだ。

■旭川観光の際にぜひ

駅前の好立地から広大な公園内の遊具施設まで、親子で無料で遊べる施設が充実した旭川市。市民以外でも楽しめるため、親子連れの旭川観光の際に寄ってみるのもいいだろう。

記者はあまりの快適さにそのまま住みたくなってしまうレベルだった。上記2種の施設はとくにおススメだ。


(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング