オードリー春日、浮気を猛省「むつみ荘も引っ越す」 若林、クミさんは激怒「10日前はイカれてる」

しらべぇ / 2019年4月28日 13時0分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

『モニタリング』(TBS系)で公開プロポーズ、10年に亘る交際を実らせ婚約を発表したオードリー・春日俊彰だったが、「プロポーズ10日前の浮気」が週刊誌で報じられていた。

27日深夜、オードリーがレギュラーを務めるラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で騒動を謝罪。相方・若林正恭、婚約者のクミさんから厳しくも愛のある追求を受け、話題を集めている。

■春日の浮気に若林は怒り

番組冒頭から若林は怒りを爆発させる。「10日前はびっくりした」と、生放送での公開プロポーズの直前にも「金髪美女と密会」していた春日に呆れながら、プロポーズ時に読み上げた春日の手紙から言葉を引用し騒動にツッコんでいく。

「『結婚で何かが変わってしまうのが怖かった』っていうのが、やっぱり遊べなくなるからだろうなぁって今になって思う。『自分のことしか考えてこなかった』なんてもう予言。

『この先の普通の日を一緒に普通に過ごしたい』なんて本当、異常な日を異常に過ごしてきたんだろうなぁっていう」

自分の言葉に徐々にヒートアップしていった若林は、さらに自身が「善悪の判断に自信がないから」ワイドショーのコメンテーターのオファーもすべて断ってきたと前置きした上で、「イヤなんだけど、こんなワイドショーのMCみたいなことするの。マジで腹立つ」と怒りを滲ませ続けた。

■若林は止まらない

若林の剣幕に押され、笑いながらも謝罪を続ける春日。10日前に飲みに行ったことを「何も考えてない。当たり前になっていた」と自身の異常性を振り返る。

番組内では以前から春日の女性関係の話題が多かった。フィリピンパブやクラブのVIPルーム、キャバクラにおっぱいパブ、合コンなど積極的に女性との出会いを求めていた春日に若林の苦言は続く。

そういった行動を顧みて「正直、そういうのって『クミさんって大丈夫なの?』っていう気持ちがあったから。全部精算してもうしませんってなって、それでようやく決心して始まったと思ってた」と熱弁。

有名な自宅・むつみ荘に女性を連れ込んだことに触れ「イカレてる」と一喝。「わかりやすい芸能人の染まり方。俺が一番嫌いな、恥ずかしい。もうちょっと遊びたいからクミさんを待たせて」と春日への小言は止まらなかった。

■クミさん登場

その後、婚約者のクミさんも電話で出演。『モニタリング』視聴者やファンに謝罪、自分も恥ずかしいとしながら、「とんでもない性欲変態野郎」「ほんと気持ち悪い」「異常者」と素人とは思えない流暢なトークで春日を見事に罵る。

2人からの苦言を受け止めて猛省した春日は自身の異常性を認め、「心を入れ替える」ことを宣言。今後は「男女問わず飲みに行くこともやめる」「むつみ荘からも引っ越す」と誓った。

■リスナーはクミさんと若林を称賛

感動的なプロポーズから一転、10年愛の水面下で女遊びを繰り返していた春日に世間からは厳しい声も見受けられる。

それでもリスナーの「リトルトゥース」たちは、一連のやり取りを満喫。特にクミさんの見事な立ち回り、若林の厳しくも愛のある言葉の数々に大きな反響が起きていた。

クミさん凄すぎる…ただ、春日またやりそう

— ミ〇゛リ🏇 (@mid_1209) April 27, 2019

最高に気持ち悪くてバカで変態の春日さんには最高の相方と最高の奥さんがいる#annkw

— 赤いカイロ (@kairo255210268) April 27, 2019

春日さんが大バカ変態野郎であることは間違いないし、クミさんが聖人であることも間違いないけど、そんなクミさんが10年も付き合うんだから春日さんもやっぱり魅力あふれる人なんだろうなぁ。まぁ大バカ変態野郎だけど。#annkw

— 木の上掃除 (@Souji_Tree) April 27, 2019

若林とクミさんの存在に感謝して春日は猛省すべき
ホントに分かりやすく調子に乗ってたんだなぁ
#annkw

— りえ (@rt070914) April 27, 2019

激昴する若林さん、調子が悪い春日さん、喋りが達者なクミさんの三位一体な回だった笑

アディオス!#annkw

— 空振りアンブレラ (@umbrella_kara) April 27, 2019

■クミさんの決断

売れっ子になり、身体を鍛えだしてから変わったと何度も指摘されていた春日。それでもそんな春日を支えられるのは、最後まで面倒をみれるのは「自分しかいない」と、今後も春日とともに歩むことを明言したクミさんに、ファンは感動を覚えた。

春日の日頃の行いのせいで、幸先の悪いスタートにはなったかもしれないが、2人が幸せな結婚生活をおくってくれるのをファンは望んでいる。春日には2度とこのような話題で世間を騒がせないでほしいと願うばかりだ。


(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング