昔は「かわいい」と言ってたのに… 男性が妻や恋人を褒めなくなる理由

しらべぇ / 2019年7月27日 19時30分

写真

(Tzido/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

パートナーのことを愛おしく思うと、褒め言葉のひとつも出てくるものだ。しかし付き合いが長くなるにつれて、甘い言葉が少なくなるのが寂しいところだろう。

■3割の人はパートナーを褒める

しらべぇ編集部では全国10〜60代の既婚者・恋人のいる男女1,009名を対象に、「褒めについて」の調査を実施。

パートナーは容姿を褒めてくれるグラフ

「パートナーは容姿を褒めてくれる」と答えた人は、全体で32.5%だった。

■若い男性はパートナーを褒める

性年代別では、10代から20代の女性が高い割合になっている。

パートナーは容姿を褒めてくれる性年代別グラフ

若い男性は、彼女のことをきちんと褒めているようだ。

「彼女のことが本当にかわいいと思うから、自然に口から褒め言葉が出てくる。世界一かわいいと思ってる。恋愛マジックがかかっているのもあるだろうけど」(20代・男性)

■結婚して家族になると褒めなくなる

しかし年を重ねると、男性もパートナーを褒めなくなってしまうようだ。

「結婚して子供ができると、どうしても妻を家族という目で見るようになる。いいことでもあるのだけれど、一人の女性として褒めるみたいなことがなくなってしまう。

それはきっと妻も同じだろうけれど、たまにはちゃんと褒めたほうがいいのだろうな」(30代・男性)

■褒めすぎにも要注意

彼女から、褒めの言葉がほしいと思っている男性もいる。

「僕はかなり褒めているけれど、彼女からはなにもない状態。容姿を褒めてとは思わないけど、なにか気持ちが伝わる言葉がほしい。それでないと、やっぱり不安になる」(20代・男性)

あまりに褒めすぎると、効果がなくなってしまうとの意見も。

「あまりに『かわいい』ばかり言われても、ありがたみがなくなる気がする。たまに言われるからこそ、うれしいのだと思う。そんな心理につけ込んで、男性慣れしていない女性に『かわいい』と言って近づく悪い男性もいるから気をつけないと」(20代・女性)

たまには勇気を出して、パートナーを褒めてみてはいかがだろうか。


(文/しらべぇ編集部・ニャック



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日

対象:全国10代~60代の男女1,732名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング