22歳女、大やけどした長女を放置 その理由に「理解できない」と絶句

しらべぇ / 2019年5月24日 15時0分

写真

(maroke/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

23日、大やけどした3歳の長女を自宅に放置したまま、パチンコに出かけ、保護責任者遺棄の罪に問われた母親(22)とその内縁の夫(21)の初公判が開かれた。

そこで語られた女の言葉に、ネット上では怒りの声が相次いでいる。

■「病院代を考えて」「スロットしたい気分優先」

報道によると、事件が起こったのは今年3月。横浜市鶴見区の自宅アパートにて、全身に大やけどを負った3歳の長女にワセリンを塗り、ラップを巻いて放置したまま出かけた疑いがある。

この行動に至った理由について、検察側は女が「病院代のことを考えた」「スロットがしたい気分を優先してしまった」などと供述していることを明かした。

なお、長女のやけどは酷く、複数回の皮膚移植が必要なレベルであり、この原因について、内縁の夫はこれまでに「誤って熱湯のシャワーを浴びせてしまった」と語っている。

■「どんなに痛かっただろう」「理解できない」

病院代は惜しいが、ギャンブルに使うお金はある……そんな女の供述に、ネット上では怒りの声が相次いでいる。

「色々と信じられないな」

「皮膚移植が必要なほどだったのか。どんなに痛かっただろう。熱かっただろう」

「スロットで遊ぶ金は惜しくないけど、子供を救うための医療費や時間は惜しいわけだ」

「たとえばだよ、私はパチンコはしないけど、出掛けた時に道端で大火傷を負った子が倒れていたら、少なくとも救急に引き渡すまでは目的地に行かないと思う。もちろん知らない子であっても。ましてや自分の子……理解できない」

■約7割の人が「ありえない」と非難

しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,732名を対象に調査をしたところ、全体の68.8%が「虐待をする人はありえないと思う」と回答した。

虐待

今回の事件は保護責任者遺棄容疑であり、日常的な虐待の存在は今のところ確認されていない。しかし、やけど状態で放置するというのは、本質的な意味では虐待と差はないだろう。


(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日

対象:全国10代~60代の男女1732名 (有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング