市販の乾麺そばは「ゆで時間を1.5倍」にすると激ウマ!? 実際に確かめた結果

しらべぇ / 2019年5月27日 10時30分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

保存もききリーズナブルなことから、乾麺のそばやうどんをいつもストックしている人は多い。作り方は袋に書いてあるとおりがベスト…と思いきや、そんなことはないようだ。

■そばもんで紹介されたゆで方

そば好きのバイブルともいえるそばマンガ『そばもん』2巻によれば、なんとゆで時間を1.5倍にすることでより美味しくなるのだという。その他にもちょっとしたポイントをおさえると激ウマになるらしく、実際にチャレンジしてみることにした。

■5分のところを7分ゆでに挑戦

使用するのは、ストックしていた『小諸七兵衛』という、イオンなどのスーパーでも普通に売られている乾麺。

ゆで時間は4~5分とややザックリしていたので、今回は7分を目安にゆでてみる。

■ゆで途中はフタをしてびっくり水を数回

茹で方のコツを少し紹介すると、ゆでる最中にはフタをして圧力を高め、中心までしっかり加熱されるようにする。

途中でびっくり水を足しつつ、7分茹でて即冷水にさらし、水を切れば完成だ。ほかのコツについては、ぜひマンガを読んで確かめてほしい。

■いつものそばより確実に美味

いつもよりゆで時間が長いせいか、麺の量が多めに見えて少しお得に感じる。でも、伸びてないか正直心配である。

おそるおそる食べてみると…!! これがかなりウマい! じっくりゆでることで麺の甘さが感じられ、生煮え感が皆無になっている。

これを食べてしまうと袋に書いてあるゆで時間は、アルデンテすぎるのではないかと思ってしまうほどだ。間違いなくこちらのほうがウマい。

■そば好きは試してみて

さすがそば好きのバイブル『そばもん』で紹介されていたゆで方だと感じた「ゆで時間1.5倍法」そば好きならぜひ1度試してみてほしい。

他にもそばもんには興味深いそばの知識がたっぷり詰まっているので、気になる人は読んでみよう。


(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング