今夜注目の「ストロベリームーン」 国立天文台に観察のコツを聞いてみた

しらべぇ / 2019年6月17日 19時0分

写真

(Leonardo Macedo/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

本日17日は、今年の夏至に最も近い満月の日、通称「ストロベリームーン」。今日の満月の観察ポイントをしらべぇ取材班が国立天文台に直撃。同時に、ストロベリームーンの名が付いた商品を期間限定発売している森永乳業にも話を聞いた。

■アメリカの先住民が由来

ストロベリームーンと呼ばれる由来は、アメリカの先住民の時代に遡る。当時、季節を把握するために各月の満月に名前を付けていたようで、いちごの収穫時期であった6月の満月をストロベリームーンと呼んでいたと言われている。

なお、この言葉は近年、SNSなどで話題となり広まったが、元々「ストロベリーの収穫時期に見える満月」というわけであり、月がいちごのように真っ赤に見えることはない。ちなみにヨーロッパではこの時期は「ローズムーン」と呼ばれている。

しかし、夕日が赤く見えるように、月が出て間もない時は赤みがかって見えることがある。さらに今の時期は空気中の水蒸気が多いことと、塵などの影響で高度が低い月は、少しピンク色っぽく見えることもある。

■今日の観察のポイント

話題となっているということで、今日の観察のポイントを国立天文台に聞いた。

東京近郊の海の近くでは19時頃東の空を見るのがおススメ。都内のオフィス街では21時頃の南東の空に満月がきれいに見えるそう。その後は海の近くの西の空で、18日朝の5時頃がピンク色っぽく見れる可能性がある時間帯だそうだ。

担当者も過去数回水平線の近くで赤みがかった月を見たことがあるそう。気になる天気だが、今日明日ともに全国的に晴れの予報の地域が多い。

■『ストロベリームーン』を限定発売中

同時に6月3日から『ピノ』の「ストロベリームーン」フレーバーを発売した森永乳業を直撃してみた。担当者は

「この商品はストロベリームーンの時期に発売を開始し、11月頃まで発売予定。中に入っているアイスの形が星型やハート型の時がある。

この封入確率は公表しておらず、私も中に入っていたことがまだない。これが入っていると、ラッキーだとSNS上でも話題になっている」

と話した。


いよいよ明日はストロベリームーン🍓🌕

明日6月17日に、赤みがかった月 #ストロベリームーン が見られます✨見ると願いが叶うと言われているストロベリームーン。みなさんは何をお願いしますか❓「#その願い叶うかも」と一緒に願いをツイートしてくださいね♥ pic.twitter.com/n2EIHzeMvD

— pino(ピノ)/ 森永乳業 (@morinaga_pino) June 16, 2019

■今夜に期待の声が…

ネット上では今夜に期待という声があがっている。

「昨晩は月が明るくてきれいだった。今夜も期待したい」

「ここんとこ忙しくて月を見上げる余裕もなかったなぁ。今夜見てみよう」

「昨晩はとても月が綺麗でした。子供が、夜なのにまだ明るいの? と聞いてくるくらい」

「今晩楽しみだなぁ。綺麗に見えますように」

今日の夜は、ふと時間を忘れて天体のロマンを堪能したい。


(文/しらべぇ編集部・おのっち

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング