10人に1人が経験してる? 「行ってきます」のキスをする人の割合とは…

しらべぇ / 2019年6月30日 7時0分

写真

(paylessimages/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ドラマや映画のワンシーンで見かける恋人や夫婦が交わす「行ってらっしゃい」のキス。仕事に出かけるパートナーにエールを送る際に見られるスキンシップの一つであるものの、新婚夫婦や付き合いたてのカップルで交わしているイメージが強く、中には照れ臭いと感じる人もいるはず。

実際、どれくらいのカップルが「行ってらっしゃい」のキスをしているのだろうか。

■2割弱が…

しらべぇ編集部は、全国10〜60代の交際している男女1,328名を対象に調査を実施したところ、全体の15.4%が「『行ってきます』のキスをする」と回答した。

行ってきますのキス

多数ではないが2割弱が、ドラマのようなロマンティックなワンシーンを日常的に行っていると考えると非常に興味深い。なお、男性15.3%、女性15.6%と男女差は見られなかった。

■若い世代はキスでコミュニケーション?

さらに、この調査結果を男女年代別にみていくと…

もっとも、割合が高いのは20代女性で31.0%。10代女性が29.6%と僅差で続いた。同世代の男性も2割を超えていることから、若い恋人たちの間では行ってきますのキスでコミュニケーションを取っているようだ。

男女の関係は年齢とともに恋人から家族のような存在へと変わりトキメキが減ると言われている。今回の調査でも、男女ともに年齢とともに徐々に割合は減少してはいるものの、60代男性では10人に1人の割合と、情熱的かつロマンティックな演出を好む男性が意外にも多いようだ。

■年収とキスの関係性はあるの?

また、今回の調査結果を年収別に見ていくと、興味深い傾向が見えてきた。

行ってきますのキス

もっとも、行ってきますのキスをしている人が多いのは、年収1,000万円以上の層で23.5%と全体平均も大きく越えている。

金銭的な余裕が心の余裕を生み夫婦や恋人との仲をも円満にさせるということなのか。それとも、心から信頼できるパートナーと結ばれることで仕事にも気合が入り、収入がアップしたりして。


(文/しらべぇ編集部・桜花ななこ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年5月17日~2019年5月22日

対象:全国10代~60代の恋人がいる男女1328名 (有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング