歩きスマホの女性に自転車の男性が激突 裁判所の結論に男性「これで破産だ」

しらべぇ / 2019年6月23日 17時40分

写真

(RyanKing999/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ルール違反をすることもなく自転車に乗っていたある男性が、スマートフォンを眺めながら歩いていた女性に衝突。これにより双方ともに意識を一時失ったというが、怪我を負った女性が賠償金を求め、それが認められたことから、男性は経済的に立ち直れぬほどの打撃を受けている。

■男性は交通ルールを順守

今から4年前のこと、英国ロンドンにて自転車に乗っていたある男性が、スマートフォンを片手に歩く女性を前方に発見。すぐに自転車に取り付けてあったホーンを鳴らしたものの女性は全く気づかなかったといい、男性は女性をよけきることができず衝突してしまった。

この事故で双方ともに意識を失い、女性は主に顔面に怪我をしたという。

■歩きスマホ女性から予想外の反撃

この事故で前歯数本を失ったほか顔面に傷ができたという女性は、自転車に乗っていた男性に対し激怒。

その後に裁判を起こし賠償金の支払いを男性に求めていたのだが、それについて裁判所はあまりにも意外な結論を下した。

■男性は窮地に

裁判所は男性につき「自転車の乗り方に問題があるわけではなかった」としながらも、怪我を負った女性の主張を認め、「女性が支払った弁護費用、そして賠償金を支払うように」と男性に命令。

総額は10万ポンド(日本円にして約1,360万円超)になる可能性もあるといい、保険をかけていなかった男性は破産の危機に直面している。

あまりの展開に「今はただ落胆しており精神的なダメージも大きい」と心境を明かしているが、この額については今後さらに法廷で審議される予定だという。

■歩きスマホ経験者の割合は…

しらべぇ編集部が全国20〜60代スマホユーザーの男女789名を対象に調査したところ、全体の約7割の人が歩きスマホをしたことがあると判明した。

歩きスマホ

スマホを眺めて歩くことで周囲にかけている迷惑も、しっかりと意識する必要がある。今回のように、被害者のみならず「加害者」になってしまった人が受けるダメージも、甚大だ。


(文/しらべぇ編集部・マローン小原)



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2016年8月26日~2016年8月29日

対象:全国20代~60代スマホユーザーの男女789名 (有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング