クラスの人気者が苦手だった人 「自分が陰キャなので…」との意見も

しらべぇ / 2019年9月9日 8時20分

写真

(oneinchpunch/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

学生時代には必ずといっていいほど、「クラスの人気者」ポジションの生徒がいた。そのような存在を、疎ましく思っていた人もいるはずだ。


■4割近くが「クラスの人気者が苦手」

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,721名を対象に、「学生時代について」の調査を実施。

クラスの人気者みたいな人が苦手だったグラフ

「『クラスの人気者』みたいな人が苦手だった」と答えた人は、全体で36.9%だった。


関連記事:スクールカースト底辺に希望 高年収になる可能性アリと判明

■スクールカースト上位の生徒

性年代別では、すべての年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

クラスの人気者みたいな人が苦手だった性年代別グラフ

スクールカースト底辺にいた女性は、クラスで目立っている女子が苦手だったという。

「スクールカースト上位で、目立っている子たちが思い浮かんだ。同じくカースト上位の男子と仲がよくて、クラスを仕切っている感じが好きじゃなかった。


とくに私はクラスでも目立たないグループだから、まったく違う人種だと思うようにしていた。私がこじらせているのは、この時代の経験からだと思う」(20代・女性)

■体育会系の部活にいるイメージ

クラスの人気者の男子は、女子からもモテていた。一方でおとなしい人が好きな女性からは、あまり興味がなかったとの意見も。

「体育会系の部活にいる人たちが、クラスの人気のポジションにいることが多いような気がする。いわゆる陽キャっぽい、わかりやすい明るさが必要なんだと思う。


私はもっとおとなしくて穏やかな人が好きだから、みんなが『かっこいい』って言っていても興味はなかったけれど」(30代・女性)


■社会人になってから陽キャとも仲良く

学生時代には仲良くなれなかった人たちと、交流を持てる機会があるのが社会人だ。

「僕は典型的な陰キャだから、クラスの人気者みたいな人と接点がない学生生活を送ってきた。しかし就職してから、同期に何人か陽キャみたいなやつがいて。


最初は『絶対に無理な人種』と思っていたけれど、話してみると意外に気が合うことがわかった。学生時代なら絶対に仲良くなってないような人と知り合えるのも、社会人ならではの醍醐味だと思う」(20代・男性)


学生時代には仲良くなれなかった人とも、今なら交流を図れるかも。


(文/しらべぇ編集部・ニャック



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年5月17日~2019年5月22日

対象:全国10代~60代の男女1,721名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング