「スパイダーおばあさん!」 九死に一生を得た老婆の体験とは

しらべぇ / 2019年7月17日 8時40分

写真

(vbacarin/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

危険な場所で清掃に励んでいた老婆が、危うく命を落としかける出来事があった。恐怖のあまり声も出ない老婆を救おうと、レスキュー隊員らは建物の内外から救出に尽力した。

■「スパイダーばあさん」の正体

ロシアにある建物内で、窓の敷居に立ち、せっせと窓拭きに励む老婆がいた。老婆がいた部屋は4階にあり、地上から約15メートルの高さ。そのため、うっかり窓から落ちないよう気を付けながら掃除をしていたものの、身を乗り出した瞬間に、老婆は足を滑らせてしまったという。

■レスキュー隊が出動

そのまま地上に真っ逆さまに転落かと思いきや、片方の足首が運良く窓のくさびに引っかかり、そのまま宙吊り状態になったとのこと。

窓から吊り下がった状態の老婆は救いを求めることもできなかったというが、偶然その姿を見た人たちは「スパイダーマンならぬスパイダーばあさんだ!」と驚き、通報。レスキュー隊が慌てて現場に向かい、老婆の救出を試みた。

■困難を極めた救出劇

現場に到着したレスキュー隊員らは「老婆の部屋に入り内側から中に引っ張りこもう」と考えたが、「何号室ですか」と問いかけるも、老婆はパニック状態で答えることができなかった。

一刻を争う状態のなか、隊員のひとりがハシゴをよじ登り老婆に接近し、「大丈夫、助けます」。その間に他の隊員が老婆の部屋を見つけ突入し、老婆を無事に室内に引っ張り込んだ。

15分も宙吊り状態だった「スパイダーおばあさん」の救出劇を捉えた映像がこのほど公開され、多くの人が「すごい」「ミラクルだ」と驚きの声をあげている。

■死にかけた経験はある?

九死に一生を得たこの老婆だが、実際に「死にかける」という恐ろしい経験をした人はどれほどいるのか。しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,378名を対象に調査したところ、2割弱が「死にかけたことがある」と回答した。

もしも救出が1分でも遅れていたら、老婆は頭から地上に転落し即死していたかもしれない。しかし老婆は生還し、レスキュー後は病院で治療を受けたと報じられている。


(文/しらべぇ編集部・マローン小原)



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2016年5月20日~2016年5月23日

対象:全国20~60代の男女1378名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング