加藤浩次、ジャニーズ圧力問題への“ひと言”に称賛 「スッキリ!」

しらべぇ / 2019年7月18日 12時30分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

18日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)にて、ジャニーズ事務所が元SMAPの草彅剛、香取慎吾、稲垣吾郎の3名について、民放テレビ局に出演させないよう圧力をかけていたとして、公正取引委員会から注意を受けたとする問題を報道。

番組MCを務める極楽とんぼ・加藤浩次のコメントに、称賛の声があがっている。

■周知の事実であり、視聴者も気付いている

加藤は今回の一件について、「僕はね、ジャニーズ事務所に限らず、皆さん周知なんですよ。大手の事務所を独立したタレントは、何年かテレビに出られなくなるっていうのは。僕は、テレビ見てる方も気付いている方いると思う」とコメント。

続けて、「僕らもこういう仕事させてもらっていて、そういうのが暗黙にあるっていうのは分かってる」と語った。

■業界全体で変わっていくきっかけに

「何十年前から決まってきた芸能界の歴史、テレビの歴史の中で当たり前のように扱ってるんだけど、今の時代で考えたらちょっともうおかしいんじゃないかという部分も、僕は実際ある」と加藤。

そして、「その部分っていうのは、テレビ局もそうですし、事務所関係、この業界全体がこれから新しく変わってく、次に向かってくんだ、っていうきっかけになればいいなと僕は思っています」と、強く訴えた。

■「スッキリ!」と称賛の声

この問題を、民放各局がどのように扱うのかも注目を集めたのだが、18日朝の生放送でコメントしたのは加藤のみ。自身の立場もありながら、問題の核心を突く堂々としたコメントに、多くの称賛の声が寄せられている。

「昨日から取り上げられていたジャニーズ事務所の問題を、加藤浩次さんがスッキリさせてくれた瞬間に拍手!」

「スッキリで加藤浩次さんが元SMAPの件についてコメントしてくれたことってすごいことなんだろうね」

「加藤浩次さんが、ジャニーズの圧力に屈せずに発言したのはさすが過ぎる」

いわゆる「干される」ということに、違和感を感じていた視聴者は少なくなかったようで、加藤の発言に共感する声が目立つ。

新しい時代の幕開けとともに、業界全体が変わっていくきっかけとなることを願うばかりである。


(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング